2006年11月24日 (金)

幸せになって欲しい 『×××HOLiC』10巻

『×××HOLiC』10巻を読みました。

XXXHOLiC 10 (10) XXXHOLiC 10 (10)

著者:CLAMP
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回はいきなりストーリーの根幹に関わる超重要エピソード

謎の多いキャラだったひまわりちゃんの秘密の一端が
明かされるわけですが、予想していなかった展開だったので
びっくりしました!

正直、ひまわりちゃんはとらえどころが無さすぎて、
これまであんまり好きなキャラではなかったんですけど、
この巻読んだら、ひまわりちゃん株が急上昇↑

かなり、いい子です。

で、四月一日もかなりいい子
もう、彼はホント優しくて温かい心を持った奴ですね。

ラストで彼の優しさがもたらした「必然」の結果は
胸を打たれました。

いや~、ホント良いお話でしたよ。

CLAMPの真骨頂炸裂といいますか…^^
『×××HOLiC』は余韻の残るお話が多いですけど、
10巻は特に読み終わった後しばらくは余韻に浸っていたいと
思える内容
でした。

連載が続く限り、四月一日と百目鬼とひまわりちゃんは
トラブルに巻き込まれるんでしょうけど、
幸せになって欲しいですね。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキング参加中。このブログを読んだのは必然、とか思えたらポチッと。

↓当ブログ内の『×××HOLiC』関連記事
■小説
西尾維新とCLAMPの相性は抜群!
「アナザーホリック ランドルト環エアロゾル」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

西尾維新とCLAMPの相性は抜群!「アナザーホリック ランドルト環エアロゾル」 

「デスノート」に引き続き、西尾維新氏のノベライズ作品
「アナザーホリック ランドルト環エアロゾル」を読了。

×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル ×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本作の原作はCLAMPの「×××HOLiC」

「×××HOLiC」は頼れるS系最強お姐さんといじられ役の
少年という主役コンビや人気漫画をネタにしたやりとりなど、
西尾氏本来の作風と共通する要素が多い作品だけに、
「デスノート」よりも原作の世界観とのブレが少なく、
西尾氏本来の色も出ている小説となっています。

もっとも、漫画絡みの小ネタは原作よりもマニアック度が
数段増してますが。w

「×××HOLiC」の特徴である人間の精神の歪さによって
生じる怪異の恐ろしさが本作でも巧みに表現されていて、
原作と同質の面白さが味わえるのがなによりも良いところ。

また、原作のテーマを描きつつ、西尾維新作品で
常に繰り返されるテーマもしっかり追求
している点に
西尾維新の小説家としての気概を感じます。

「視覚」というキーワードで「デスノート」のノベライズと
つながる点も面白いですね。

「×××HOLiC」が好きな原作ファンと西尾維新ファンの
どちらも楽しめる内容
と思います。

もちろん、「×××HOLiC」と西尾氏のどちらも
好きな方であればより楽しめること間違いなしですよ。

↓私のオススメ西尾維新作品

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓西尾維新、もう一つのノベライズ作品

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件

著者:西尾 維新,大場 つぐみ,小畑 健
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)