2006年8月 6日 (日)

一年半ぶりの新刊! 「ヘルシング」8巻

「ヘルシング」8巻を読みました。

HELLSING 8 (8) HELLSING 8 (8)

著者:平野 耕太
販売元:少年画報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本作の最大の魅力である、宗教や思想への思いが
信念を通り越し狂気に至った者たちの
繰り広げる激闘はさらにエスカレート

主人公である吸血鬼アーカードが真の姿になったり、
主要キャラクターの一人が退場したりと
終幕へ向けて物語が大きく動いています。

クライマックスということもあって、
平野耕太ならではのセリフ回しも
とことんキレてて良い

全編、会話がもはや詩になっています。w

特にアカードvs.アンデルセン神父戦の会話は
ホントかっこいい。

また、8巻ではアーカードが見せる様々な表情が印象的

アーカードがアンデルセンに見せる人間への敬意や
深い哀しみが滲みでた表情、
セラスに見せる優しい微笑みに胸を打たれました。

極限状況の中でさらにどのようなドラマが展開するのか、
おそらく1年後発売の9巻も楽しみです。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)