2007年1月21日 (日)

大河ノベル開始!! 『刀語 第一話 絶刀・鉋』

西尾維新の最新作『刀語 第一話 絶刀・鉋』を購入。

刀語 第一話 絶刀・鉋 刀語 第一話 絶刀・鉋

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『刀語』とは今年1年、月1冊ずつ刊行され、全12巻で完結する物語
本書はその記念すべき第一話目となります。

しかも、著者初の時代劇風ノベルとあっては、西尾ファンとして
読み逃すわけにはいきません^^

で、早速読んでみました。

この手の連続刊行ものって、1冊あたりのページ数は少なめなのが
常なので、本書もサクッと読了。

ただ、本は薄くてもキャラと内容はしっかり濃いのが西尾節

西尾維新ならではの葉遊びの妙と、アクション描写の巧みさが
申し分なく発揮されており、本書も楽しめる仕上がり

体力バカという著者の作品としては極めて珍しいタイプの
主人公「鑢七花」も好感が持てる奴で気に入りました。

ヒロインの「とがめ」も『化物語』のひたぎに次ぐ「蕩れ」キャラとして
高いポテンシャルを秘めた感じで、今後のキャラ立ちが楽しみ。

ただ、今回の敵役、「真庭蝙蝠」が外道キャラな割りに、
イマイチ外道ぶりを発揮できずに散ってしまったのは惜しい限り。
この辺、もうちょっとページ数があれば、キャラを更に掘り下げられて
よかったかなと思いますね。

それにしても、刀を使わない剣術という主人公の流派にはびっくり。
時代活劇小説、漫画数あれど、これ程奇抜な設定もないですね。

今後、西尾氏がいかに『るろうに剣心』や『無限の住人』も真っ青の
トンデモ剣客らを登場させ、七花とどのようなバトルを
繰り広げさせていくのか、非常に楽しみです。

ところで、講談社BOX自体に関してですが、ボリュームに対して
やっぱり価格が高すぎるように感じますね。
少なくとも1冊1000円前後の価格帯は12ヶ月連続刊行企画を
やるには不向きかと。
途中からでも既刊分を買い集めることが出来、手に取りやすい文庫で
やるのが一番妥当な企画でしょう。

装丁にかかるコストの割りには、豪華というよりはチープな
印象の方が強いし、角川スニーカー文庫や電撃文庫と比べると、
格段に高い上にイラストの掲載数も少ない。

西尾維新のメイン読者層たる中・高校生にコストに見合った
満足感を提供できているとはとてもじゃないが思えません。

12冊刊行を終える前に講談社BOX自体が頓挫してしまわないか、
それが今のところ、『刀語』最大の不安要素ですね。

にほんブログ村 本ブログへ

↑↓ランキング参加中。よろしければ「ポチッ」とお願いします。

↓当ブログ西尾維新関連記事
■ノベライズ
西尾氏ならではのノベライズ
「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」

西尾維新とCLAMPの相性は抜群!
「アナザーホリック ランドルト環エアロゾル」


■化物語
「蕩れ~」は流行るのか? 『化物語(上)』
二冊で終わらせるには惜しすぎる 『化物語(下)』

■戯言シリーズ・人間シリーズ
ファンサービスも悪くない 『零崎軋識の人間ノック』

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年1月 5日 (金)

二冊で終わらせるには惜しすぎる 『化物語(下)』

西尾維新氏の『化物語(下)』を読みました。

化物語(下) 化物語(下)

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上巻は言葉遊びや比喩を駆使したユニークな文章表現、
マニアックな漫画やアニメのパロディーネタの多用による小ネタ、
ぶっ飛んだキャラクターの魅力が炸裂した西尾維新らしい面白さに
溢れた連作短編集でしたが、下巻でもその魅力はいっさい衰えず。

今回も本筋以上に主人公と個性豊かなヒロイン陣との
やり取りに爆笑
させていただきました。

特に下巻は神原駿河の魅力というか暴走ぶりが強烈
本来のメインヒロインである戦場ヶ原ひたぎや
裏ヒロイン羽川翼、新キャラ千石撫子を完全に食う活躍。
彼女とのマニアネタ・下ネタ全開の際限のない漫才には
終始笑いっぱなし。

本筋がいっさい進まなくとも、別にいいかと思わせるほど
バカ会話が読んでいて楽しいですね。

まあ、漫才やキャラ萌え要素は本筋には直接関係ないので、
純粋に本筋を楽しみたい人にとっては余計な要素と
とられかねない危険性もあるわけですが・・・・・・。

それにしても『ビックリマン』に『きんぎょ注意報』と
どれだけネタの幅を広げるつもりなのでしょうか、
西尾維新は?

私は世代なんで、かなり笑ってしまうのですが、
今、高校生とか中学生の読者はついていけるのか
ちょっと不安です^^

もちろん、ギャグだけでなく、主人公である暦が
ひたぎの恋の進展や、化物がらみの事件の解決を通して
自立し成長していく姿も丁寧に描かれています。

暦とひたぎの初デートのシーンなど、ギャグからシリアスへの
切り替えが鮮やか
な名場面も多くて読み応えがありました。

ラストの落ちも爽やかで後味良く、青春小説としてもかなり
楽しめる小説でした。

正直、二冊で終わらせるには惜しいですね。

と思っていたら、前日譚である暦と忍の話が執筆予定とのこと。
正直、このエピソードも下巻の中に収めてほしかったとは思いますが
書かれないよりは遥かに良いわけで、かなり楽しみではありますね。

にほんブログ村 本ブログへ

↑↓ランキング参加中。ブログに「ポチッ」はつきものだ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

ファンサービスも悪くない 『零崎軋識の人間ノック』

今日も昨日に引き続き西尾維新作品の感想です。
本日、読み終えたのは『零崎軋識の人間ノック』

零崎軋識の人間ノック 零崎軋識の人間ノック

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

西尾氏の代表作「戯言シリーズ」に登場する殺人鬼の集団
零崎一賊をメインに据えた番外編「人間シリーズ」の二作目で、
釘バット型の武器を使う零崎軋識が主役のエピソードを3話収録した
連作短編集となっています。

前作『零崎双識の人間試験』では殺し名同士の血で血を洗う戦いを
描いたシリアス色の強い作品でしたが、本書は前作とは打って変わり
人気キャラクター同士がドリームマッチを繰り広げるという
ファンサービス色の強い作品
に。

スナイパーに近接武器で立ち向かう一発ネタのような話や、
哀川潤がただひたすら派茶滅茶に暴れまわる話など、
全体的にコミカル色が強くなっています。

前作主人公の零崎双識の変態お兄さんぶりとか
抱腹絶倒のシーンが多く、かなり楽しめました。

また、「戯言シリーズ」よりも5年前の設定なので、
人気キャラクターの若い頃の活躍が読めるのも魅力です。

特に中学時代の零崎人識と「チーム」時代の玖渚は「戯言」本編とは
一味違う一面を見せてくれておりファンなら必読の内容です。

ただ、バトルを重視しすぎているせいか、ストーリー自体は若干
薄めな印象
を受けました。

アクションシーン自体は面白いんですが、釘バット対ライフルも
竹取山決戦の4試合も高層ビルからの大脱出も全て小説というよりは、
映像で見た方が面白そうかもと思ってしまいましたね。
西尾作品の中でも特にアニメ化向きな一作かと。

また、零崎双識と萩原子荻のやり取りなど、爆笑モノの場面もあるものの、
西尾氏ならではの文章センスで魅せる場面も本書ではやや少なめに感じました。

そのため、前述の『零崎双識の人間試験』や昨日紹介した
『化物語(上)』よりはちょっと物足りないと言うのが率直な感想

とは言っても、登場キャラクターはやはり魅力溢れる連中ばかり。
決して、質は低いわけではなく、つまらない作品でもありません。

作中の人物の言葉を借りるなら、本書は決して「悪くない」

良い意味にも悪い意味にも取れる言葉ですが、
やや良いニュアンス強めの「悪くない」が私の本書に対する評価です。

ところで、本書にはおまけで嘘トレーディングカードが付いていますが、
このトレカの出来が中々のもの。かなり良い仕事してます。
本当に商品化されたら買ってしまうかも。w
哀川潤のパラメーターがゲームバランス崩壊級の最強っぷりなのも、
かなり笑えました。

にほんブログ村 本ブログへ

↑↓ランキング参加中。ポチッと押してみるちゃ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

「蕩れ~」は流行るのか? 『化物語(上)』

西尾維新氏の新作『化物語(上)』を読みました。

化物語(上) 化物語(上)

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本作は3話構成の連作短編集となっており、
語り手の阿良々木暦とヒロインの戦場ヶ原ひたぎが毎回
化物(神様や悪魔)に関する奇怪な事件に巻き込まれるものの、
廃ビルで生活する奇妙なおじさん忍野メメの助言を受けて
事件を解決するというのが各話の基本パターンです。

要は「化物退治モノ」というライト系のホラーでは王道と言える
サブジャンルに属する小説。
しかも、本作は主人公とヒロインの出会いから話が始まる
西尾作品では非常に珍しいパターン。

いわば、本作は西尾氏が正面切って「ボーイ・ミーツ・ガール
(月並み・ありふれた話)」に挑んだ作品
と言えるかと。

ただ、そこは『戯言シリーズ』などで強烈な個性を発揮し
ノベル界に衝撃を与えてきた西尾維新作品!

西尾作品の魅力と言えば、言葉遊びを駆使したユニークな文章表現、
漫画やアニメのパロディーネタの多用によるマニアックな小ネタ、
個性的と言う表現の枠では収まりきらない程ぶっ飛んだキャラクター。

本作でも、これら西尾氏ならではのテイストが全開!

プロット自体は王道ベタ設定ながら、西尾氏ならではの
魅力でグイグイ読者を引っ張り楽しませる作りとなっており、
西尾氏ファンなら文句無く楽しめる作品に仕上がっています。

特に凶悪な暴言と暴力が魅力の最狂ツンデレヒロインの
戦場ヶ原ひたぎは全西尾作品の中でも1、2を争う
強烈な個性とインパクトを誇る
キャラクター。

「萌え~」を超える「蕩れ~」なヒロインとして
彼女のキャラづけは見事に成功していると思います。

キャラクター同士の掛け合いや主人公の独白がとても面白く、
450ページ近い分量を一気に読ませる点もかなり良いですね。
まあ、もっとも、本筋に関係の無いギャグや小ネタをカットすれば
半分程の分量になりそうな気もしますが……w

あと、本作の主人公阿良々木暦が「戯言シリーズ」や「りすかシリーズ」の
主人公と比べると、割と常識的というか人間らしい感性の持ち主。
なので、他の西尾作品よりも主人公に感情移入して読みやすいかと
思われます。

ところで、本作は講談社の新レーベル、「講談社BOX」の第一弾として
配本された中の一作なのですが、箱入りでパッと見は綺麗ですけど、
正直言って中身の本自体はなんだか大学入試の過去問題集のよう。
これで1600円(税別)はちょっと高いように思いました。
脱字が多かったのもなんだかなあ……。

にほんブログ村 本ブログへ

↑↓ランキング参加中。ポチッと押せば「蕩れ~」が流行るかも!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月10日 (木)

西尾維新とCLAMPの相性は抜群!「アナザーホリック ランドルト環エアロゾル」 

「デスノート」に引き続き、西尾維新氏のノベライズ作品
「アナザーホリック ランドルト環エアロゾル」を読了。

×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル ×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本作の原作はCLAMPの「×××HOLiC」

「×××HOLiC」は頼れるS系最強お姐さんといじられ役の
少年という主役コンビや人気漫画をネタにしたやりとりなど、
西尾氏本来の作風と共通する要素が多い作品だけに、
「デスノート」よりも原作の世界観とのブレが少なく、
西尾氏本来の色も出ている小説となっています。

もっとも、漫画絡みの小ネタは原作よりもマニアック度が
数段増してますが。w

「×××HOLiC」の特徴である人間の精神の歪さによって
生じる怪異の恐ろしさが本作でも巧みに表現されていて、
原作と同質の面白さが味わえるのがなによりも良いところ。

また、原作のテーマを描きつつ、西尾維新作品で
常に繰り返されるテーマもしっかり追求
している点に
西尾維新の小説家としての気概を感じます。

「視覚」というキーワードで「デスノート」のノベライズと
つながる点も面白いですね。

「×××HOLiC」が好きな原作ファンと西尾維新ファンの
どちらも楽しめる内容
と思います。

もちろん、「×××HOLiC」と西尾氏のどちらも
好きな方であればより楽しめること間違いなしですよ。

↓私のオススメ西尾維新作品

クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識 クビシメロマンチスト―人間失格・零崎人識

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓西尾維新、もう一つのノベライズ作品

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件

著者:西尾 維新,大場 つぐみ,小畑 健
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年8月 5日 (土)

西尾氏ならではのノベライズ 「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」

昨日、西尾維新氏による「デスノート」のノベライズ、
「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」
を読了しました。

DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件 DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件

著者:西尾 維新,大場 つぐみ,小畑 健
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

戯言シリーズなどの個性的な作品で知られる西尾さんだけに、
どのような切り口で勝負するのかと思いきや、
本作は意外に直球ど真ん中の本格ミステリー

密室やアナグラムなど、ミステリーの王道ネタが
ふんだんに盛り込まれており、
西尾作品の中では一番ミステリーらしいミステリー
になっていました。

人気漫画のノベライズという特性を上手く生かした
トリックも上手いですね。

また、「デスノート」の設定を借りつつも、
「代替品」などの西尾単語が登場し、
しっかり西尾ワールドになっている点が
氏の作品のファンとしては面白かったところです。

もっとも、「赤ずきんチャチャ」など、やりすぎな
小ネタが多く、原作より作風が軽くなりすぎて
しまった感も
あります。

西尾作品に初めて触れる読者は引いてしまうかも。

本書は「デスノート」が好きで西尾維新の小説も
好きという読者ならまず満足
できる作品と思います。

ただし、純粋に「デスノート」が好きという理由のみで
本書を手にした読者が楽しめるのかどうかという点では
疑問
に感じました。

↓西尾維新代表作品

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓西尾維新、もう一つのノベライズ作品

×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル ×××HOLiC アナザーホリック ランドルト環エアロゾル

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

| | コメント (5) | トラックバック (2)