2006年9月27日 (水)

名作と言われるだけのことはある 『ゲド戦記Ⅰ 影との戦い』

『ゲド戦記Ⅰ 影との戦い』を読了しました。

ゲド戦記 1 影との戦い ゲド戦記 1 影との戦い

著者:アーシュラ・K. ル・グウィン
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

小学生の頃、一度手にしたことはあったものの、
その時は最後まで読み通すことなく放置してしまった
記憶のある本です。

小学生の頃、本好きを自称していたクセに、
これ程の名作を投げ出すとは情けないぞ! 過去の私。w

リベンジした理由は、まあ、先月、宮崎吾郎氏の映画を見たから……。
ベタな理由でスマン。

映画版を見てからしばらく後、これで『ゲド戦記』を
わかった気になってはいけない、
よし、本物の『ゲド戦記』に触れなければ!
という義務感にかられて、1巻を衝動的に購入した次第。

で、原作1巻を読み終わった感想ですが、やっぱり
映画とはテーマの深みも、格調の高さも、圧倒的に格が違う!

ゲドの成長を通して大人になることや、自分を知ることの意義、
世界との関わり方といったテーマが深く掘り下げられている点に感嘆しました。

少年が己と向き合って大人に成長する過程を描く装置として、
「影」という装置の使い方一つとっても、映画は小説の
上辺をなぞったにすぎなかったことがわかりました。

小学生の頃のの自分の読解力の無さを恥じるばかり……。
まあ、淡々とした展開が受け入れらなかったんだろうけど。

ところで、小説にヒスイというゲドのライバルが登場しますが、
私は最初、彼がその後、映画にも出てきた敵役クモになると勘違い。
調べてみたら見たらヒスイとクモは無関係らしい。
ヒスイとの因縁でもっとひっぱるものと思っていたのに、
あっさりしてるなー。

1巻がとても素晴らしかったので、2巻以降も近々読もうと思っています。
もっとも、次は京極夏彦氏の最新作『邪魅の雫』を読む予定なので、
かなりの間が空いてしまいそうですが。

にほんブログ村 本ブログへ

↑↓ランキング参加中。ポチッと押せば世界のはてに行けるかも?

| | コメント (2) | トラックバック (1)