2007年4月11日 (水)

この巻はゲームネタ多し 『銀魂』17巻

今日は『銀魂』17巻の感想です。

銀魂 第17巻 (17) 銀魂 第17巻 (17)

著者:空知 英秋
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回はメイドロボ巡る陰謀に銀さん達が巻き込まれるシリアスな
エピソードと、万事屋+桂と真撰組が新型ゲーム機争奪戦を
繰り広げるギャグエピソードの2編を収録。

メイドロボ編は話自体はベタでありきたりな感じではあるものの、
侍の信念を熱く語り、実際に言葉通りに行動する
新八や銀さんはやはりかっこ良い

一見、すちゃらかだったり頼りなさ下あったりする万事屋の面々が、
ぶれることのない芯が一本通っている連中であることが、
この漫画の最大の魅力であることを再確認できるエピソード
でした。

前半のドラクエの冒険の書ネタや某公共広告機構ばりの
恐怖CMも笑えました。

続く、「OWEE編」は登場人物のダメ人間ぶりが炸裂しまくりで
ひたすら笑いっぱなし!!

特に桂と近藤のギャルゲー対決は爆笑!!

カジキマグロに撃沈!!
桂のゲームオーバーシーン、凄すぎ!!^^

まあ、今時主人公を殺害するヒロインは珍しくもなんともないですが、
この展開はいくらなんでもカオスすぎ。

山崎と新八のプレイする落ちものパズルゲームも非道すぎです。

『幽☆遊☆白書』や『ジョジョの奇妙な冒険』など
ジャンプ漫画でゲーム対決が描かれたことは何度かありますが、
『銀魂』のゲーム対決はジャンプ漫画、いや漫画史上最低の
ゲーム対決といっても過言ではない
でしょう。

この対決は次巻に続くわけですが、次はどんな最低ゲーが
登場するのか楽しみです^^

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキングに参加中。冒険の書が消えてショックだったことがある人はポチッと。

↓当ブログ『銀魂』関連記事
お登勢さんは表紙で堂々とタバコ吸ってたけどね 「銀魂」13巻
そろそろ山崎を表紙にしてやってもいいんじゃない?と思わなくもない 「銀魂」14巻
山崎、散る……。 『銀魂』15巻
銀魂流ハードボイル道入門!! 『銀魂』16巻

| | コメント (48) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

良くも悪くも荒木節全開!! 『スティール・ボール・ラン』11巻

今日はジョジョ第7部『スティール・ボール・ラン』11巻の感想です。

スティール・ボール・ラン 11 (11) スティール・ボール・ラン 11 (11)

著者:荒木 飛呂彦
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いつものごとく極限状況下での緊迫感溢れる
攻防の描写は見事
で話に引き込まれます。

特に『サイレント・ウェイ』のエピソードの
スタンド使いの正体が判明するまでの恐怖感の演出と、
緊急事態の中ジョニィが黄金長方形をマスターするまでの流れは、
流石、荒木先生!の一言に尽き、読んでてドキドキのしっぱなし!!

荒木先生の、芸術の先達、そして自然への深い敬意が感じられる
黄金長方形の概念も、ジョジョ第6部のディオとプッチ神父の
会話を彷彿とさせる内容で、ジョジョファンとして、
かなり興味深く読めました。

また、『約束の地 シュガーマウンテン』の導入部も、
第4部に通じる不条理さによる恐怖感とユーモアの表現が
冴えていて面白かったですね。

ただ、この巻は荒木先生の悪い癖も出てしまったかなと。

サイレント・ウェイの本体ですが、いや~、いくらなんでも
これまで伏線らしい伏線はなかったし唐突すぎなんじゃないかと・・・。

名前の種明かしも、こじつけ臭いというか、1巻読み返すと
絶対、後付けなのがバレバレですし。

キャラも変わりすぎというか、いつのまに宇宙が一巡して
新しい世界になってしまったの?って思いましたよ^^

まあ、荒木漫画ではキャラの頭身や性別が変化したりすることは
ザラにありますし、大人は間違いを犯すものなので、
今さら驚くことでもないんですけどね^^

こういう無茶なことを平然とやってのける点も
ファンが荒木先生に「そこにシビれる、あこがれるゥ」
理由の一つではある訳で^^

ただ、割と動向が気になっていたお気に入りのキャラだっただけに
正直、このような形での途中退場は残念。
かと言って、実は死んでませんでしたとかで、
再登場するのはもっと嫌ですけど。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキング参加中。ポチッと押せばスタンドが目覚めるかも!?

↓当ブログ『スティール・ボール・ラン』関連記事
面白さ加速中! 「スティール・ボール・ラン」9巻
レラレラレラレラ♪ 『スティール・ボール・ラン』10巻

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月24日 (土)

マスコットキャラ?桃太郎登場!! 『絶対可憐チルドレン』8巻

『絶対可憐チルドレン』8巻を読みました。

絶対可憐チルドレン 8 (8) 絶対可憐チルドレン 8 (8)

著者:椎名 高志
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この巻では戦時中に超能力実験によって生み出された
超能力モモンガの桃太郎のエピソードがメイン。

道具として扱われ、信頼していた人に裏切られたエスパーの
悲劇が桃太郎、そして兵部の過去を通して語られており、
これまで以上にエスパー側の憎しみの理由がより
明確に描かれています

人間のエゴによって生み出された桃太郎を通して、
薫や兵部京介らエスパーと皆本ら超能力を持たざるものとの
立ち居地の差が明確に
なってきた感も。

特に皆本が薫に問題の答えを示せなかったのに対し、
兵部が体を張って自分なりの意思を示した点は
今後の展開に重要な影響
を及ぼしそう。

現在のところ、不二子の策も裏目に出ているようにしか
見えませんが、この先どうなることやらですね。

それにしても、兵部が登場する話は毎回彼がおいしいところを
総取りしていっている感が。
最近、皆本よりも主人公らしい気さえするなあ^^
皆本の頑張りにも期待したいところです。

あと、マッスル・大鎌はネタとしてタイミングを
外してしまった感が
あり、正直痛かったかと。
寿命の短いキャラ芸人をネタにすることのリスクの高さを
実感しました。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキングに参加中。ポチッと押せば超能力が目覚めるかも?



↓当ブログ内の「絶対可憐チルドレン」関連記事
椎名高志、復活!「絶対可憐チルドレン1~5巻」
最強新キャラ登場! 「絶対可憐チルドレン」6巻
今回は小休止 『絶対可憐チルドレン』7巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月18日 (日)

祝!アニメ化!? 『さよなら 絶望先生』7巻

嘘か本当か!!『さよなら 絶望先生』
TVアニメ化との情報が!!

と言う訳で、今日は7巻の感想。

さよなら絶望先生 第7集 (7) さよなら絶望先生 第7集 (7)

著者:久米田 康治
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いきなり、最初のネタでアニメ化に縁がないという
自虐ネタがありましたが、これももう使えないわけですね。
久米田氏の伝家の宝刀とも言える持ちギャグも
これで見納めですか・・・・・・^^

それにしても、今回はこの無縁仏から始まって、
ゲドネタ連発ですね・・・・・・。
しかし、あれは親がどうというよりか、むしろ親の知人に
親子共々踊らされた結果、ああなったような気も。
まあ、ジ●リの黒歴史として語り継がれることでしょう。

さて、ここからは印象に残ったネタをピックアップして紹介。

まず、久米田氏のミヒマルGTの落書き
割とよく似てていい感じじゃないかと。
デッサン力があることをさりげなくアピールしてるのかと
意地悪なこともとか思ってしまいました。

凶作リッチのDr.コトーはいやいや、去年の冬クールは
豊作でしたよ、とドラマ好きとしては反論したいところ。
『のだめ』『僕の歩く道』『14歳の母』と2位以下の
視聴率争いが熱かったクールでした。

原型留めてないネタのオマケ漫画は爆笑。
いや~、ほんまデビュー当時と絵柄変わりましたね~。
あと、絵柄どころか、作風もかなり変わりましたね。

オマケと言えば巻末の膿トレも爆笑。
某野球選手風のポリゴンキャラが似すぎ!!
なんか、凄くツボに入りました。

で、聞くところによると巻末のパズルを解くと、
「祝!アニメ化」という文字が出てくるらしいです。

最初、この話を聞いた時は、元アシスタントの漫画が
アニメ化されたことへの祝福メッセージかと思いましたが、
まさか、ご自身のこととは・・・・・・。

まあ、アニメ化自体がガセという可能性や、
企画が頓挫する可能性もありますが、
それならそれで作者的にはネタになるからOK!

という雰囲気も感じられたり・・・・・・。

放送はUHF局だそうですが、どうなることやら・・・・・・。

U局発のアニメとして、『ハルヒ』級のヒットに
なることを期待してますよ^^

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキングに参加中。アニメ化なんて絶望したーって方、ポチッとどうぞ。

↓当ブログ内の「さよなら 絶望先生」関連記事
社会派漫画に傾倒中!? 「さよなら絶望先生 4巻」
ギャグ漫画には毒が大切ってことですかね 「さよなら絶望先生」5巻
世界に挑んだ侍(日本代表)たちの記録である(嘘)
『さよなら絶望先生』6巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月16日 (金)

千秋パパ登場!!『のだめカンタービレ』17巻

今日はTVアニメ版も好調な『のだめカンタービレ』17巻
の感想です。

のだめカンタービレ #17 (17) のだめカンタービレ #17 (17)

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

17巻で一番大きな出来事はなんと言っても千秋パパの本格登場
千秋パパの出現が千秋やのだめに及ぼした影響が最大の
読みどころとなっていました。

今まで本番でのミスはなかった千秋が、会場に現れた父親を見て
動揺・・・・・・。
そして、まさかのミス・・・・・・。

一方、のだめは千秋パパの演奏を聞き、音楽家の意識に大きな変化が・・・・・・。

今回のエピソードは話としては地味目ではありますが、
今後の展開に重要な意味を持ったエピソードという印象。

また、最後に大きな変化の予兆もあり、今後の展開が
どうなるのか目が離せない
ですね。

千秋パパの出現に揺れる二人を軸に、その周囲のマルレオケや
アパートの住人たちとの人間関係の変化も丁寧に描かれている点が
好印象
な巻でもありました。
特に千秋とユンロンの急接近には笑わせてもらいました^^
二人の見た映画「恋のレッスンWBA」ってどんなのか気なるなあ。

ところで、今回はなぜか登場人物紹介のページがありませんでした。
普段、あまり注目して読まないページではありますが、
ないと寂しいものですね。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑ランキング参加中。千秋と「恋のレッスンWBA」を見たい方はポチッと。

↓ドラマDVD

のだめカンタービレ のだめカンタービレ

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2007/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓当ブログ『のだめカンタービレ』関連記事
■コミック
マングースでギャボ!「のだめカンタービレ」15巻
新生マルレの初公演! 『のだめカンタービレ』16巻
■TVドラマ
TVドラマも開始! 『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第1話
アジ投げ千秋に爆笑! 『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第2話
悲しみを怒りに変えて!立てよ!Sオケ!
『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第3話

Sオケ、初公演!『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第4話
ラフマニノフとガーシュウィン『のだめカンタービレ』第5話
Sオケ、解散!そして伝説へ…… 『のだめカンタービレ』第6話
いぶし銀黒木とハリセン江藤 『のだめカンタービレ』第7話
絶望から希望へ!! 『のだめカンタービレ』第8話
いよいよ佳境へ! 『のだめカンタービレ』第9話
♪タンタラタラララ チャンチャンチャーン♪
『のだめカンタービレ』第10話

ブラボー!! 『のだめカンタービレ』最終話

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年3月11日 (日)

全員集合! 『D.Gray-man』10巻

更新が出来なかった間に、感想を書いてない漫画が
かなりたまっていたので、今日からちょっと頑張って
感想記事をアップしていこうかと思います。

という訳でまずは『D.Gray-man』10巻から。

D.Gray-man Vol.10 (10) D.Gray-man Vol.10 (10)

著者:星野 桂
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回は江戸で千年伯爵らと激戦を繰り広げていたラビたちの下に
主人公のアレンや神田も合流し、戦局が総力戦の様相を呈するという
新展開の巻。

ほぼ全編がバトル、特に神田とノアの一族のスキンボリックで
占められており、美麗かつ迫力のある演出と作画で楽しませて
くれる巻
といった印象。

捨て身の攻撃でスキンボリックに挑む神田がかっこよかったですね^^

ただ、今回のバトルはドラマ性はやや希薄で、その分
盛り上がりに欠けた印象も・・・・・・。

敵であるスキンボリックの回想シーンも、
別に彼に感情移入できるようなエピソードではなく、
読んでいてちょっと置いていかれた感がありました・・・・・・。

まあ、今後に期待といったところでしょうか。

ところで今回は巻末のアシスタント作画によるオマケ漫画が
かなり面白くて、思わず爆笑

星野さんの家族の話なんですが、いやーなんとも素敵な
お母さん、いや、オカンですな。
バイオレンス過ぎて、逆にほのぼのしました^^

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキング参加中。ポチッが管理人の生きる糧となる。

↓当ブログ『D.Gray-man』関連記事
待ってました。「D.Gray-man」8巻
アレン覚醒! 『D.Gray-man』9巻

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月21日 (水)

本部長、大活躍!! 『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』10巻

『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』
10巻
を読みました。

ムヒョとロージーの魔法律相談事務所 10 (10)

著者:西 義之
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ペイジ本部長ヨイチは敵の情報を得るため、
山の怪の王となったイサビという魔法律家に接触するのだが、
激しいバトルとなり・・・、というの今回の展開。

この巻のペイジ本部長は変装を楽しむお茶目な面が全開だったり、
己の命を賭して戦いに挑む覚悟を見せたりと大活躍。

特に魔法律のルールを塗り替える「トロイのベル」
発動するシーンは、魔法律家の上層部をだしぬくしたたかさや、
教え子への深い愛情など、彼の魅力が前面に出て、
非常にかっこよかったです。^^

ただ、まあ、「トロイのベル」自体は反則臭いというか、
ルールを破って好き放題やる敵相手だからって、
こちら側もちゃぶ台ひっくり返すようなことやっちゃっうのは
本当にいいのか!!と思わないでもなかったり・・・・・・。

この巻読んだだけではちょっと釈然としませんでしたね。

あと、この巻から登場の毒島さんですが、こういう
大酒飲みの豪快お姉さんキャラは結構好きなので、
今後の活躍を期待したいと思います^^

巻末収録のおまけ漫画『死のカウントダウン』
初期の頃を思わせる1話完結の読み切り作品。

発端からオチまでの流れが綺麗にまとまっている点や
ムヒョが呼び出す使者のビジュアルのインパクトの強さなど、
読みどころが多く面白かったですね。

元々、学校の怪談的な話は大好きなので、
私としては正直、本編よりも楽しめました。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキング参加中。押せば「トロイのベル」が発動するかも・・・・・・!?



↓当ブログ内『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』関連記事
怒涛の新展開!「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」6巻
ロージー成長中! 「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」7巻
「収集」を「蒐集」、「虫」を「蟲」と書くと途端にホラー
『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』8巻

パンジーの花言葉をご存知ですか?
『ムヒョとロージーの魔法律相談事務所』9巻

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金)

破面編、本格始動!? 『ブリーチ』26巻

『ブリーチ』26巻を読みました。

BLEACH 26 (26) BLEACH 26 (26)

著者:久保 帯人
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

26巻は戦闘力を失った織姫の葛藤を軸にストーリーが進行
出番がかなり多めでほぼ主役のような回でした。

で、織姫のドラマに焦点を当てたのが良かったのか、
この巻では前巻までの中だるみはかなり解消された感が。

物語自体もようやく長い前フリが終り、
本格的に前に進み始めたような雰囲気です。

ヴァイザードの面々と一護や死神と浅野兄妹の掛け合いなどの
ほのぼのしたギャグも中々楽しめました。

そして、今回はなんと言っても三度目のアランカル襲来戦の
描写がかなり見応えのあるものになっていた
のが良かったかと。

ガンガンいこうぜキャラのルピとボケッーとしたワンダーワイスと
いうタイプの異なる二人の新キャラの特性を生かして、
上手く緩急をつける演出の巧みさや、一護とグリムジョー戦での
迫力溢れる構図とコマの流れなど、作者の持ち味である
戦闘描写のセンスの良さが存分に発揮されていた
と思います。

ところで、今回もオマケ漫画がかなり面白かったです。

今回は女性死神協会の面々が海に行くために、
水着を買いに行くというエピソード。

死神同士の人間関係(というか力関係)が見えて笑えます。
特にマユリのネムへの外道発言は必見^^
そして、卯ノ花隊長が勇音に行う非道はさらに必見^^
実はマユリやギンを超えるドSなのかもしれませんね。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキング参加中。ポチッと押せば失われた霊力が戻るかも!?

↓当ブログ内の『ブリーチ』関連記事
一角祭り! 「ブリーチ」23巻
限定解除!! 『ブリーチ』24巻
戦いを求める本能!! 『ブリーチ』25巻

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月27日 (土)

もうすぐ、お別れ 『フルーツバスケット』22巻

『フルーツバスケット』22巻を読みました。

フルーツバスケット 22 (22) フルーツバスケット 22 (22)

著者:高屋 奈月
販売元:白泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

次巻で完結ということで、この巻では
とうとう十二支の呪いに決着が!
そして、透と夾の恋愛も・・・・・・、
と非常に盛り上がる内容。

いや~、クライマックスだけあって、
見所だらけの巻でした。

特に十二支の呪いとお別れする各キャラクターの反応は
読んでいてとても感慨深い
ものが。

十二支の呪いの真相である昔話も非常に切ないです。

限りある命だからこそ、さようならを前提としているからこそ、
出会いが輝くというか、生きていること、人との触れ合いが
貴く、愛おしく思えるということを実感。

いいお話でした。

さて、あとは23巻を残すのみ。
ラスト、感動の大団円が今から楽しみです。

あと、最終巻と同時発売のファンブック[宴]の充実度も
かなり気になっています^^

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキング参加中。「さようなら」代わりにポチッとしてもらえると幸いです。

↓当ブログ『フルーツバスケット』関連記事
みつけてくれてありがとう… 「フルーツバスケット」21巻

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

天馬博士、登場!! 『PLUTO』4巻

『PLUTO』4巻を読みました。

PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4) PLUTO 4―鉄腕アトム「地上最大のロボット」より (4)

著者:浦沢 直樹,手塚 治虫
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『PLUTO』は、一応、手塚治虫作『鉄腕アトム』の一エピソードを
リメイクした作品
ではあるのですが、ストーリーは完全に別物で
浦沢直樹テイスト溢れる近未来SFサスペンスとなっています。

で、4巻なのですが、今回はある意外なキャラクターの退場や
作品全体の鍵を握るキャラクター天馬博士の登場など、
動きの多い巻でかなり読み応えあり

はっきり言ってこの巻、面白いです。

特に『鉄腕アトム』の発端となったあの有名な事故シーンが
浦沢氏の手によって再現されている点は漫画好きには
たまらないですね

ただ、謎が謎を呼ぶ巧みな展開と緊張感溢れる心理描写が魅力の
浦沢作品ですが、やや展開がゆっくりめなのが難点といえば難点^^
(巻末寄稿で西原理恵子にもつっこまれていたのには爆笑)

『PLUTO』も「500ゼウスでいいよ」やテディーベアーの意味、
この作品での「ゴジ博士」や「ボラー」、「天馬博士」の役割等
非常に気に謎ばかりがどんどん増えていくのでかなりやきもき。

もっと続きを読みたいのですが、もうこの巻はこれで終りですか、
といつも思ってしまいますね^^

ところで、4巻表紙の天馬博士を見て、「碇ゲンドウ」?って
思ったのは私だけ?

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキングに参加中。「ポチッ」がブログを育てるのだ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧