« 2007年3月 | トップページ

2007年4月11日 (水)

この巻はゲームネタ多し 『銀魂』17巻

今日は『銀魂』17巻の感想です。

銀魂 第17巻 (17) 銀魂 第17巻 (17)

著者:空知 英秋
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回はメイドロボ巡る陰謀に銀さん達が巻き込まれるシリアスな
エピソードと、万事屋+桂と真撰組が新型ゲーム機争奪戦を
繰り広げるギャグエピソードの2編を収録。

メイドロボ編は話自体はベタでありきたりな感じではあるものの、
侍の信念を熱く語り、実際に言葉通りに行動する
新八や銀さんはやはりかっこ良い

一見、すちゃらかだったり頼りなさ下あったりする万事屋の面々が、
ぶれることのない芯が一本通っている連中であることが、
この漫画の最大の魅力であることを再確認できるエピソード
でした。

前半のドラクエの冒険の書ネタや某公共広告機構ばりの
恐怖CMも笑えました。

続く、「OWEE編」は登場人物のダメ人間ぶりが炸裂しまくりで
ひたすら笑いっぱなし!!

特に桂と近藤のギャルゲー対決は爆笑!!

カジキマグロに撃沈!!
桂のゲームオーバーシーン、凄すぎ!!^^

まあ、今時主人公を殺害するヒロインは珍しくもなんともないですが、
この展開はいくらなんでもカオスすぎ。

山崎と新八のプレイする落ちものパズルゲームも非道すぎです。

『幽☆遊☆白書』や『ジョジョの奇妙な冒険』など
ジャンプ漫画でゲーム対決が描かれたことは何度かありますが、
『銀魂』のゲーム対決はジャンプ漫画、いや漫画史上最低の
ゲーム対決といっても過言ではない
でしょう。

この対決は次巻に続くわけですが、次はどんな最低ゲーが
登場するのか楽しみです^^

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキングに参加中。冒険の書が消えてショックだったことがある人はポチッと。

↓当ブログ『銀魂』関連記事
お登勢さんは表紙で堂々とタバコ吸ってたけどね 「銀魂」13巻
そろそろ山崎を表紙にしてやってもいいんじゃない?と思わなくもない 「銀魂」14巻
山崎、散る……。 『銀魂』15巻
銀魂流ハードボイル道入門!! 『銀魂』16巻

| | コメント (48) | トラックバック (0)

2007年4月 9日 (月)

良くも悪くも荒木節全開!! 『スティール・ボール・ラン』11巻

今日はジョジョ第7部『スティール・ボール・ラン』11巻の感想です。

スティール・ボール・ラン 11 (11) スティール・ボール・ラン 11 (11)

著者:荒木 飛呂彦
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いつものごとく極限状況下での緊迫感溢れる
攻防の描写は見事
で話に引き込まれます。

特に『サイレント・ウェイ』のエピソードの
スタンド使いの正体が判明するまでの恐怖感の演出と、
緊急事態の中ジョニィが黄金長方形をマスターするまでの流れは、
流石、荒木先生!の一言に尽き、読んでてドキドキのしっぱなし!!

荒木先生の、芸術の先達、そして自然への深い敬意が感じられる
黄金長方形の概念も、ジョジョ第6部のディオとプッチ神父の
会話を彷彿とさせる内容で、ジョジョファンとして、
かなり興味深く読めました。

また、『約束の地 シュガーマウンテン』の導入部も、
第4部に通じる不条理さによる恐怖感とユーモアの表現が
冴えていて面白かったですね。

ただ、この巻は荒木先生の悪い癖も出てしまったかなと。

サイレント・ウェイの本体ですが、いや~、いくらなんでも
これまで伏線らしい伏線はなかったし唐突すぎなんじゃないかと・・・。

名前の種明かしも、こじつけ臭いというか、1巻読み返すと
絶対、後付けなのがバレバレですし。

キャラも変わりすぎというか、いつのまに宇宙が一巡して
新しい世界になってしまったの?って思いましたよ^^

まあ、荒木漫画ではキャラの頭身や性別が変化したりすることは
ザラにありますし、大人は間違いを犯すものなので、
今さら驚くことでもないんですけどね^^

こういう無茶なことを平然とやってのける点も
ファンが荒木先生に「そこにシビれる、あこがれるゥ」
理由の一つではある訳で^^

ただ、割と動向が気になっていたお気に入りのキャラだっただけに
正直、このような形での途中退場は残念。
かと言って、実は死んでませんでしたとかで、
再登場するのはもっと嫌ですけど。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキング参加中。ポチッと押せばスタンドが目覚めるかも!?

↓当ブログ『スティール・ボール・ラン』関連記事
面白さ加速中! 「スティール・ボール・ラン」9巻
レラレラレラレラ♪ 『スティール・ボール・ラン』10巻

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月 7日 (土)

歌と演技に圧倒される2時間『ドリームガールズ』

今日は久しぶりの更新ということで、
久しぶりついでに映画の感想記事を書きたいと思います。

今回、感想を書く映画は『ドリームガールズ』

Photo_13

鑑賞したのは1ヶ月くらい前なのですが、
記憶はかなり鮮明に残っています。

『ドリームガールズ』は女性コーラスグループと
彼女達をプロデュースしてブラックミュージックの
時代を築き上げたレコード会社の栄光と挫折を描いた
ミュージカル映画です。

元々はブロードウェイの大ヒットミュージカルというだけあり、
楽曲の完成度は折り紙つき

その上、実在のミュージシャンの半生を描いた映画『Ray』で
素晴らしい演技と歌唱力を見せつけたジェイミー・フォックスや、
抜群の美貌と歌唱力を誇る歌姫ビヨンセ、陽気なキャラクターと
マシンガントークで一世を風靡したエディ・マーフィー
出演陣も実力も華も兼ね備えた豪華な顔ぶれ

Photo_14

そうした豪華出演陣の中にあって、新人ながら、
彼らに負けない存在感を放っていたのが、
己の傲慢さゆえに一時は、仲間から見放され、
やがてシンガーとしても人間としても成長し復活する
エフィを演じアカデミー助演助優勝を獲った
ジェニファー・ハドソンです。
賞の受賞は納得という熱演と熱唱で、助演とはいうものの
ほとんど主演といってもよい程、強い印象を残していました。
特にパワフルな歌声は魅力的でもっと彼女の歌を聴いてみたいと
思いました。

また、シンガーの栄光と転落を体現したエディ・マーフィーの
演技も非常に素晴らしく魅せられました

私的にエディ・マーフィーはファミリー映画やアクション映画の
イメージが強い俳優でしたが、いつものコミカルさの中に
大人の哀愁や情けなさを感じさせる彼も素敵です。

全編通して素晴らしい歌ときらびやかな衣装に魅了され、
夢や欲、友情といった深い人間ドラマに圧倒される
極上のエンターテインメント
で2時間があっという間でした。

Photo_15

観終わった後、サントラも買ってしまいました^^
特に収録曲の『ONE NIGHT ONLY』『LISTEN』
ここしばらくの間、繰り返し繰り返し聴く程、気に入っています。

↓サントラ

ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック Music ドリームガールズ オリジナルサウンドトラック

アーティスト:サントラ,ジェニファー・ハドソン,ビヨンセ・ノウルズ,アニカ・ノニ・ローズ,エディ・マーフィ,ローラ・ベル・バンディ,ロリー・オマリー,アン・ウォーレン,ヒントン・バトル,ジェイミー・フォックス,キース・ロビンソン
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2006/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ

↑↓ランキング参加中。もう観た方やこれから観に行く方、ポチっとお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ