« 歌と演技に圧倒される2時間『ドリームガールズ』 | トップページ | この巻はゲームネタ多し 『銀魂』17巻 »

2007年4月 9日 (月)

良くも悪くも荒木節全開!! 『スティール・ボール・ラン』11巻

今日はジョジョ第7部『スティール・ボール・ラン』11巻の感想です。

スティール・ボール・ラン 11 (11) スティール・ボール・ラン 11 (11)

著者:荒木 飛呂彦
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

いつものごとく極限状況下での緊迫感溢れる
攻防の描写は見事
で話に引き込まれます。

特に『サイレント・ウェイ』のエピソードの
スタンド使いの正体が判明するまでの恐怖感の演出と、
緊急事態の中ジョニィが黄金長方形をマスターするまでの流れは、
流石、荒木先生!の一言に尽き、読んでてドキドキのしっぱなし!!

荒木先生の、芸術の先達、そして自然への深い敬意が感じられる
黄金長方形の概念も、ジョジョ第6部のディオとプッチ神父の
会話を彷彿とさせる内容で、ジョジョファンとして、
かなり興味深く読めました。

また、『約束の地 シュガーマウンテン』の導入部も、
第4部に通じる不条理さによる恐怖感とユーモアの表現が
冴えていて面白かったですね。

ただ、この巻は荒木先生の悪い癖も出てしまったかなと。

サイレント・ウェイの本体ですが、いや~、いくらなんでも
これまで伏線らしい伏線はなかったし唐突すぎなんじゃないかと・・・。

名前の種明かしも、こじつけ臭いというか、1巻読み返すと
絶対、後付けなのがバレバレですし。

キャラも変わりすぎというか、いつのまに宇宙が一巡して
新しい世界になってしまったの?って思いましたよ^^

まあ、荒木漫画ではキャラの頭身や性別が変化したりすることは
ザラにありますし、大人は間違いを犯すものなので、
今さら驚くことでもないんですけどね^^

こういう無茶なことを平然とやってのける点も
ファンが荒木先生に「そこにシビれる、あこがれるゥ」
理由の一つではある訳で^^

ただ、割と動向が気になっていたお気に入りのキャラだっただけに
正直、このような形での途中退場は残念。
かと言って、実は死んでませんでしたとかで、
再登場するのはもっと嫌ですけど。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキング参加中。ポチッと押せばスタンドが目覚めるかも!?

↓当ブログ『スティール・ボール・ラン』関連記事
面白さ加速中! 「スティール・ボール・ラン」9巻
レラレラレラレラ♪ 『スティール・ボール・ラン』10巻

|

« 歌と演技に圧倒される2時間『ドリームガールズ』 | トップページ | この巻はゲームネタ多し 『銀魂』17巻 »

コメント

こんにちは^^
色々といいたいことはありますが

>そこにシビれる、あこがれるゥ
にしてやられました(^-^)
いやぁまさにジョジョファンの鏡ですね♪

投稿: シン@偽哲学者 | 2007年4月10日 (火) 14時28分

シンさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

まあ、この巻はツッコミどころ満載
なんですけどね^^

「そこにシビれる、あこがれるゥ」は
一度引用したかったんで、この機会に
使ってみました^^

実生活なら「だが断る!」とか、
一度、言ってみたいですね^^

投稿: トミー | 2007年4月11日 (水) 01時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/6035568

この記事へのトラックバック一覧です: 良くも悪くも荒木節全開!! 『スティール・ボール・ラン』11巻:

« 歌と演技に圧倒される2時間『ドリームガールズ』 | トップページ | この巻はゲームネタ多し 『銀魂』17巻 »