« 世界に挑んだ侍(日本代表)たちの記録である(嘘)
『さよなら絶望先生』6巻
| トップページ | 銀魂流ハードボイル道入門!! 『銀魂』16巻 »

2007年1月 9日 (火)

アスマ、無惨!! 『NARUTO-ナルト-』36巻

『NARUTO-ナルト-』36巻を読みました。

NARUTO 巻ノ36 (36) NARUTO 巻ノ36 (36)

著者:岸本 斉史
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この巻は前巻で登場した暁の飛段&角都と、
猿飛アスマら木の葉の精鋭が対決
することになり、
そして、アスマが・・・・・・、という展開。

本格的な忍術バトルはサクラ&チヨバアVSサソリ戦以来だし、
連載初期から登場しているキャラクターの死亡エピソードなので、
かなり熱い話になるかと思ったのですが・・・

う~~ん・・・・・・

正直言って、イマイチ(--;)

アスマとシカマルら十班メンバーの信頼関係は知ってますし、
前巻からそれとなくこの展開を匂わせてきたのもわかります。
ただ、それでもドラマの感動を深めるための演出の積み重ねが
足りなすぎる
ように感じてしまいました。

第一、肝心の命を失うバトルの描き方が軽すぎる気が。
お互い本気を出す前の探り合い的な段階でアスマが死んでしまうので
今回、アスマの死で何を伝えたかったのかがわかりにくい。

まあ、死亡シーンのセリフ等で、三代目火影死亡時のテーマの
反復であることは理解できるものの、感情面での揺さぶりがないので、
心に伝わってくるものがほとんど無いというか・・・・・・

なんか、アスマさん無駄死にした感じがして、
そりゃ、あんまりだよ、って思いました。

今まで、バトルの中にきっちりと熱いドラマを描いてきただけに
今回のエピソードは非常に残念。

次こそ、少年漫画らしい心揺さぶる熱いドラマが展開する
渾身のバトルを読ませてもらいたいものです。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキングに参加中。ポチッと押してくれってばよ!

↓当ブログ内の『NARUTO-ナルト-』関連記事
九尾暴走!!「NARUTO-ナルト-」33巻
サスケ、再登場! 「NARUTO-ナルト-」34巻
新修行開始! 『NARUTO-ナルト-』35巻

|

« 世界に挑んだ侍(日本代表)たちの記録である(嘘)
『さよなら絶望先生』6巻
| トップページ | 銀魂流ハードボイル道入門!! 『銀魂』16巻 »

コメント

こんにちは。
最近のナルトは目も当てられないと思ってる私ですが
中でもこのアスマのエピソードは
かなりろくでもない印象です。
理由はトミーさんとほぼ同じで
特に「お互い本気出す前の探りあい」に集約されてると思います。
本気で何じゃこりゃ?と思いました。
最初は復活ネタかとも思いましたが
それもなさそうなというかそうなるとさらにろくでもない感じですし。

投稿: シン@偽哲学者 | 2007年1月13日 (土) 12時38分

シンさん、
コメントありがとうございます。

1部の頃は良いエピソードが多かっただけに
最近の『NARUTO』の展開は残念です・・・・・・。
早期に方向を修正してほしいですね。

投稿: トミー | 2007年1月14日 (日) 00時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/4855371

この記事へのトラックバック一覧です: アスマ、無惨!! 『NARUTO-ナルト-』36巻:

« 世界に挑んだ侍(日本代表)たちの記録である(嘘)
『さよなら絶望先生』6巻
| トップページ | 銀魂流ハードボイル道入門!! 『銀魂』16巻 »