« 正義と悪の境界線 『バットマン ビギンズ』 | トップページ | もうすぐ、お別れ 『フルーツバスケット』22巻 »

2007年1月21日 (日)

大河ノベル開始!! 『刀語 第一話 絶刀・鉋』

西尾維新の最新作『刀語 第一話 絶刀・鉋』を購入。

刀語 第一話 絶刀・鉋 刀語 第一話 絶刀・鉋

著者:西尾 維新
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『刀語』とは今年1年、月1冊ずつ刊行され、全12巻で完結する物語
本書はその記念すべき第一話目となります。

しかも、著者初の時代劇風ノベルとあっては、西尾ファンとして
読み逃すわけにはいきません^^

で、早速読んでみました。

この手の連続刊行ものって、1冊あたりのページ数は少なめなのが
常なので、本書もサクッと読了。

ただ、本は薄くてもキャラと内容はしっかり濃いのが西尾節

西尾維新ならではの葉遊びの妙と、アクション描写の巧みさが
申し分なく発揮されており、本書も楽しめる仕上がり

体力バカという著者の作品としては極めて珍しいタイプの
主人公「鑢七花」も好感が持てる奴で気に入りました。

ヒロインの「とがめ」も『化物語』のひたぎに次ぐ「蕩れ」キャラとして
高いポテンシャルを秘めた感じで、今後のキャラ立ちが楽しみ。

ただ、今回の敵役、「真庭蝙蝠」が外道キャラな割りに、
イマイチ外道ぶりを発揮できずに散ってしまったのは惜しい限り。
この辺、もうちょっとページ数があれば、キャラを更に掘り下げられて
よかったかなと思いますね。

それにしても、刀を使わない剣術という主人公の流派にはびっくり。
時代活劇小説、漫画数あれど、これ程奇抜な設定もないですね。

今後、西尾氏がいかに『るろうに剣心』や『無限の住人』も真っ青の
トンデモ剣客らを登場させ、七花とどのようなバトルを
繰り広げさせていくのか、非常に楽しみです。

ところで、講談社BOX自体に関してですが、ボリュームに対して
やっぱり価格が高すぎるように感じますね。
少なくとも1冊1000円前後の価格帯は12ヶ月連続刊行企画を
やるには不向きかと。
途中からでも既刊分を買い集めることが出来、手に取りやすい文庫で
やるのが一番妥当な企画でしょう。

装丁にかかるコストの割りには、豪華というよりはチープな
印象の方が強いし、角川スニーカー文庫や電撃文庫と比べると、
格段に高い上にイラストの掲載数も少ない。

西尾維新のメイン読者層たる中・高校生にコストに見合った
満足感を提供できているとはとてもじゃないが思えません。

12冊刊行を終える前に講談社BOX自体が頓挫してしまわないか、
それが今のところ、『刀語』最大の不安要素ですね。

にほんブログ村 本ブログへ

↑↓ランキング参加中。よろしければ「ポチッ」とお願いします。

↓当ブログ西尾維新関連記事
■ノベライズ
西尾氏ならではのノベライズ
「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」

西尾維新とCLAMPの相性は抜群!
「アナザーホリック ランドルト環エアロゾル」


■化物語
「蕩れ~」は流行るのか? 『化物語(上)』
二冊で終わらせるには惜しすぎる 『化物語(下)』

■戯言シリーズ・人間シリーズ
ファンサービスも悪くない 『零崎軋識の人間ノック』

|

« 正義と悪の境界線 『バットマン ビギンズ』 | トップページ | もうすぐ、お別れ 『フルーツバスケット』22巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/5027568

この記事へのトラックバック一覧です: 大河ノベル開始!! 『刀語 第一話 絶刀・鉋』:

» 刀語 第一話 絶刀・鉋 [しずくの中の光]
西尾維新の刀語りを読みました。 デスノートのノベライズをしているところから、また戯言シリーズの人気から、多少なりとも注目していた作家です。 「四季崎記紀」が作った12本の刀を、虚刀流の「鑢七花」と奇策士の「とがめ」が蒐集するというお話。 最終的にはこの12本は虚刀「鑢」を作り出すという結論に行き着くらしいのです。 一環の最後に意味深な言葉として出ていました。 刀語 第一話 絶刀・鉋 西尾 維新 / / 講談社 この本、講談社ボックスということですが、980円という値段は高すぎます。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 12時23分

« 正義と悪の境界線 『バットマン ビギンズ』 | トップページ | もうすぐ、お別れ 『フルーツバスケット』22巻 »