« 今回は小休止 『絶対可憐チルドレン』7巻 | トップページ | アスマ、無惨!! 『NARUTO-ナルト-』36巻 »

2007年1月 8日 (月)

世界に挑んだ侍(日本代表)たちの記録である(嘘)
『さよなら絶望先生』6巻

『さよなら絶望先生』6巻を読みました。

さよなら絶望先生 第6集 (6) さよなら絶望先生 第6集 (6)

著者:久米田 康治
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

というわけで、5巻の時と同様にエピソードごとに
取り上げられたテーマと簡単な感想を・・・・・・
と思ったのですが、アレはかなり面倒だったので、
今回は印象に残ったネタをピックアップしてコメントを

手抜きですいません・・・・・・。
こんな手抜き記事を書く自分に絶望した!!
手抜きブログに絶望した!!

と、まあ糸色先生の物まねは置いておいて本題。

まず、最初の話「波に乗ってくるポロロッカ」ですが、
ドラマ化やアニメ化をきっかけに原作の漫画や小説に
はまった経験は私もありますが、なるほど、パチンコからってのも
あるんですねと、妙に納得した話。
それにしても最近は原作モノのパチンコ・パチスロ多いですね。
ところで、劇場版『幻魔大戦』のパチンコが出ましたが
あれはいくらなんでもマニアックすぎじゃないでしょうか。
一体、どれだけの層が響くのでしょうか・・・・・・。疑問です。

あと、今回収録分は丁度、サッカーW杯の時期にあたるので、
W杯ネタが連発
されているのが特徴。
結果が出る前の「ジーコの指示通り」から結果が出た後の「期待外れ」まで、
W杯の流れを念頭に入れて読むとなかなかニヤリとさせられます。
ところで、あの袋とじネタは『南国アイスホッケー』の頃と比べると
なんともおとなしくなったというか、方向性が変わったというか
絶望先生が枯れたのか、久米田先生が枯れたのか・・・・・・^^

共感できるネタが多かったのは「100万回言われた猫」。
少年サンデーネタは誰もが一度は口にしたことがあるはず。
あと、あのコマのサンデー編集部の背景にニヤリ
久米田先生から弟子へのエールでしょうか^^

その他、新キャラの加害妄想少女「加賀愛」登場の
「なんたる迷惑であることか!」も、「あるある」と頷くネタばかり。
ラストのマリアの一言も、まあ、的は射ているなあ。

それにしても、巻末収録の没になったカレンダー企画ですが、
なかなか良い品物なのではないかと。
久米田先生の本気が感じられるじゃないですか^^
製品化してあげましょうよ、講談社さん・・・・・・。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキングに参加中。ポチッと押してくれるなんて期待してないですよ・・・・・・。
   いや、ホントに期待してませんから・・・・・・。こんな手抜きブログに・・・・・・。
   絶望したー!! 絶望したー!!

↓当ブログ内の「さよなら 絶望先生」関連記事
社会派漫画に傾倒中!? 「さよなら絶望先生 4巻」
ギャグ漫画には毒が大切ってことですかね 「さよなら絶望先生」5巻

|

« 今回は小休止 『絶対可憐チルドレン』7巻 | トップページ | アスマ、無惨!! 『NARUTO-ナルト-』36巻 »

コメント

こんばんは。私も読みました。確かにネタは最近おとなしめですね
先生かなり警戒してますか?と思ったりw
最後のカレンダーはかなりいい出来ですよね。あれは本当に
商品化してもよいのでは?と思いました。
絶望先生がこれからどういう方向に転ぶかはわかりませんが、
最後まで久米田先生を応援したいと思っています。

投稿: のりっぺ | 2007年1月13日 (土) 23時14分

のりっぺさん、
コメントありがとうございます。

カレンダー、久米田先生の頑張りが感じられますよね。
せっかく、やる気になったのにもったいない・・・・・・。

絶望先生、面白いので打ち切りにならないように
私も応援していきますよ^^

投稿: トミー | 2007年1月14日 (日) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/4843335

この記事へのトラックバック一覧です: 世界に挑んだ侍(日本代表)たちの記録である(嘘)
『さよなら絶望先生』6巻
:

« 今回は小休止 『絶対可憐チルドレン』7巻 | トップページ | アスマ、無惨!! 『NARUTO-ナルト-』36巻 »