« まさお君、ありがとう | トップページ | いよいよ佳境へ! 『のだめカンタービレ』第9話 »

2006年12月15日 (金)

散るぞ、悲しき 『硫黄島からの手紙』

クリント・イーストウッド監督が日米それぞれの視点から
太平洋戦争・硫黄島決戦を描く硫黄島二部作の二作目である
『硫黄島からの手紙』を観てきました。

Photo_5

前作『父親たちの星条旗』が斬新な切り口で戦争を描いた
ヒューマンドラマの傑作だっただけに、本作にも期待して
観に行ったわけですが、やはり充分に期待に応える内容でした。

前作は戦場である硫黄島よりもアメリカ本国での話が
中心でしたが、本作では硫黄島決戦の課程を
日本軍兵士の視点で丹念に追った話
となっており、
比較的前作よりも戦争映画らしい作り。

まず、戦場における日本の兵士それぞれの思いを、
家族への手紙や戦場での行動を通して丁寧に描写されていくことで、
戦争が巻き起こす理不尽な悲劇を見事に描ききる
クリント・イーストウッドの力量に脱帽しました。

クリントは自分の母国語ではない日本語が主体の映画ながら、
しっかり俳優それぞれの良さを引き出している点が素晴らしい。

そして、クリント・イーストウッドの演出に応える
俳優の力量の高さもしかり。

硫黄島に散っていった人たちへの敬意を払いつつ、
感傷に流されすぎもせず、誰もがそれぞれの役を
リアルな一人の人間として演じきっている
ことが伝わってきました。

栗林中将役の渡辺謙は圧倒的な眼力で流石の存在感を放ち、
伊原剛志は男臭い色気が漂う頼れる上官を、
二宮和也は戦時下の理不尽に翻弄され虚無感を抱える青年を
それぞれ好演していました。

中村獅童も『男たちの大和』とは正反対の役柄を
きっちりとこなしており、流石、役者と思わせます。

中でも元憲兵の清水役を演じた加瀬亮の演技は圧巻です。
戦時教育に基づいた理想主義とヒューマニズムの狭間で
揺れ動く複雑な心理を見事に表現していると感じました。

清水の最期はもっとも印象に残った場面でもあります。
運命の皮肉とも言える彼の無残な死に、戦争へのやり場のない
怒り
を感じずいにはいられませんでした。

Photo_6

また、本作では実際に栗林中将が家族に送った手紙が出てきますが、
この手紙の文章の美しさも非常に印象に残りました。
栗林中将の家族への愛情と人柄が伝わる文章で胸を打ちます。
渡辺謙の美声で手紙が読まれるのも心に響きます。

前作と本作を通し一貫して兵士それぞれの家族や友などを思う気持ちに
陣営の違いなどないことを描いている点も感動します。

硫黄島二部作は、両作とも一流のスタッフが魂をこめて
作り上げたことが伝わる力作
であり、
心から見てよかったと思える映画でした。

にほんブログ村 映画ブログへ

↑↓ランキング参加中。もう観た方もこれから観に行く方もポチっとお願いします。

|

« まさお君、ありがとう | トップページ | いよいよ佳境へ! 『のだめカンタービレ』第9話 »

コメント

これもロードショーでやってほしいですね。
そういえば最近の映画はテレビで放送されるのが早いですねぇ。
放映されてから一年もしないうちに、もうTVで放送、というのも少なくありません。特に「デスノート前編」は異例の早さでしたね(笑)。

戦争映画のテーマは物語によっては様々ですが、いずれも「戦争は無意味だ」という事を教ているような気がするのです。
私は戦争映画を見る度にそう思われてならないのです。

投稿: NK | 2006年12月15日 (金) 20時57分

こんばんは!

これ日本映画だと錯覚しそうでした。
日本人をよく理解している。
原案、脚本がすばらしいです。
細やかな演出、ありのままを描くイーストウッドはさすがですね!

>加瀬亮の演技は圧巻
>揺れ動く複雑な心理を見事に表現

私もそう思いました。
清水、とても皮肉な最後でしたね・・・

トミーさんのおっしゃるように、手紙の文章が美しいです。
日本語は美しいんだと改めて感じました。

2部観ることで価値のある硫黄島プロジェクトでしたね!

投稿: アイマック | 2006年12月16日 (土) 00時53分

NKさん、いつもコメントありがとうございます。

戦争映画を観ると私も「戦争は無意味だ」と
いうことを強く感じます。
『硫黄島からの手紙』もそうでした。
多くの人に見てもらいたいと思える映画です。

確かに最近、テレビ放映が早いですね。
『踊るレジェンド』とか邦画は特に。
まあ、『デスノート前編』はプロモーションの
側面が強いので、特殊な例だとは思いますけど。

投稿: トミー | 2006年12月16日 (土) 01時06分

アイマックさん、
TB&コメントありがとうございます。

確かに日本人をよく理解していましたね。
ホント、作り手の作品に対する姿勢に感服します。

清水の皮肉な最期は特に色々と考えさせられますよね。
何ともやりきれない思いでしたよ、あの場面は……。

投稿: トミー | 2006年12月16日 (土) 01時10分

トラバ・コメントどうもでーーす。
二部作は、日米共に、いろんな状況の悲惨さが、にじみ出てました。
そういう歴史は、繰り返してほしくないですね。

投稿: ひらりん | 2006年12月18日 (月) 02時47分

おはようございます!!
いつもご親切にTB&コメント、ありがとうございます!!
イーストウッド監督が、この作品を何故2部構成にしたのか、
今回の『硫黄島からの手紙』を観て、
その意図がよく伝わってきました。
それと共に、戦争に善も悪もない、
祖国のために犠牲となった兵士たちの
それぞれの想いに心を打たれました・・・。

投稿: 伽羅 | 2006年12月18日 (月) 09時44分

こんばんわ。
TB&コメントありがとうございました。
両方の立場から戦争というものを見、
どちらも同じ悲惨で残酷で哀しみを感じました。

投稿: PINOKIO | 2006年12月19日 (火) 22時00分

ひらりんさん、
TB&コメントありがとうございました。

>そういう歴史は、繰り返してほしくないですね。

ホント、そう思います。
このような悲惨な状況を二度と作り出しては
いけないはず。
なのに、戦争はなくならないのが辛いです。

投稿: トミー | 2006年12月21日 (木) 02時10分

伽羅さん、
TB&コメントありがとうございます。

意味のある2部作でしたね。

日米双方の思いと、どちらも同じ感情を持った
人であることがよく伝わってきて、
衝撃を受けました。

投稿: トミー | 2006年12月21日 (木) 02時12分

PINOKIOさん、
TB&コメントありがとうございました。

日米両方の立場から戦争を描くことで、
深く戦争について掘り下げられた作品に
なっていましたね。

硫黄島2部作を見れて本当に良かったと思います。

投稿: トミー | 2006年12月21日 (木) 02時16分

トミーさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。お返事遅くなってすいません。

エンドロールが流れるまで洋画であることを忘れてしまうほど本当にしっかりとした“日本人”が描かれていましたね。日本人以上に日本人の気持ちを描いたイーストウッドには拍手を贈りたいものです。

投稿: デポ | 2006年12月31日 (日) 22時22分

デポさん、
新年明けましておめでとうござます。
TB&コメントありがとうございました。

ホント、拍手を送りたいですよね。
イーストウッド監督、アッパレです。

投稿: トミー | 2007年1月 1日 (月) 22時07分

コメント有難うございました。

日本もアメリカも、家族や友人を思いやる気持ちに
違いは無いという事を改めて気付かされました。
同じ人間が殺しあう戦争は、もう起こって欲しくないですね。

投稿: YOSHIYU機 | 2007年2月17日 (土) 12時19分

YOSIYU機さん、
こちらこそTB&コメントありがとうございます。

この映画にこめられた祈りと願いが、
多くの人の心に届いて、戦争を無くす
原動力になってくれたらいいのですけどね。

投稿: トミー | 2007年2月20日 (火) 01時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/4552850

この記事へのトラックバック一覧です: 散るぞ、悲しき 『硫黄島からの手紙』:

» 硫黄島からの手紙 [小部屋日記]
Letters from Iwo Jima(2006/アメリカ) 【劇場公開】 監督/製作:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙/二宮和也/伊原剛志/加瀬亮/中村獅童/裕木奈江 硫黄島プロジェクトの第二部。日本側からみた硫黄島の闘い。 まずこの映画がアメリカ人の製作というのが驚きますよ。 すべて日本語。言葉がわからずともここまで作り上げてしまう、ハリウッドの底力を改めて感じました。 一部、二部と間�... [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 00時30分

» ★「硫黄島からの手紙」 [ひらりん的映画ブログ]
クリント・イーストウッド監督の硫黄島二部作の二本目。 日本側から見た戦争のお話。 戦争映画苦手なひらりんとしては、 覚悟してみなくちゃいけません・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 03時32分

» 【劇場鑑賞138】硫黄島からの手紙(LETTERS FROM IWO JIMA) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
1945年 硫黄島 アメリカが5日で終わると思っていた戦争を 36日間守り抜いた日本人たちがいた これは彼らの話である [続きを読む]

受信: 2006年12月16日 (土) 18時10分

» 「硫黄島からの手紙」事実を風化させるなと心に刻む [soramove]
「硫黄島からの手紙」★★★★★必見! 渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮出演 クリント・イーストウッド監督、2006年、アメリカ 硫黄島が制圧されたら 米軍の戦闘機がいよいよ日本の本土に向かうことになる 日本の最後の生命線を舞台に イーストウッド監督が...... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 09時41分

» 「硫黄島からの手紙」見てきました。 [よしなしごと]
 この映画のおかげで「硫黄島に行くにはどうすればよいのか?」という問い合わせが今までは月に1回くらだったのが、今では1日に何回も問い合わせがあるようになってしまったと新聞に載っていました。と言うわけで硫黄島からの手紙見てきました。... [続きを読む]

受信: 2006年12月17日 (日) 15時09分

» 硫黄島からの手紙 [悠雅的生活]
余は常に諸氏の先頭にある。 [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 00時42分

» 硫黄島からの手紙 [映画とはずがたり]
クリント・イーストウッド監督が、 第二次世界大戦を兵士たちの視点から描いた、 話題の2部作の日本編!! 信念を貫き、日本をそして愛する家族を守ろうとした男たちを、 日本を代表する俳優たちが日本語で演じきった、 映画史に残るハリウッド大作の誕生だ!! STO...... [続きを読む]

受信: 2006年12月18日 (月) 00時46分

» 硫黄島からの手紙 [Akira's VOICE]
観賞後に胸を満たすのは,反戦の強い思い,ただひとつ。 [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 11時58分

» 硫黄島からの手紙 [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
ただの涙だけじゃない、 アメリカが描いた日本兵の姿。 [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 21時54分

» 映画「硫黄島からの手紙」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Red Sun, Black Sand (Letters From Iwo Jima) 硫黄島に眠っていた、その手紙は61年ぶりに発見された、地中にあった硫黄島からの手紙、それは輸送爆撃機「一式陸攻」によって配達されるはずだった・・ 時は1944年6月、指揮官として陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙... [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 02時24分

» 映画「硫黄島からの手紙」 [しょうちゃんの映画ブログ]
2006年70本目の劇場鑑賞です。公開翌日観ました。「ミリオンダラー・ベイビー」のクリント・イーストウッド監督作品。硫黄島での戦いを日米双方の視点から描く2部作の「父親たちの星条旗」に続く第2弾。アメリカ留学の経験を持ち、親米派でありながらアメリカを最も苦しめ...... [続きを読む]

受信: 2006年12月20日 (水) 16時11分

» 硫黄島からの手紙 [CINEMA DEPOT's BLOG]
DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途をたどる1...... [続きを読む]

受信: 2006年12月21日 (木) 21時55分

» 硫黄島からの手紙 2006-70 [観たよ〜ん〜]
「硫黄島からの手紙」を観てきました〜♪ 太平洋戦争末期、栗林中将(渡辺謙)は、本土防衛の最後の砦、硫黄島に降り立つ。栗林中将は、着任早々それまで進められていた作戦を大幅に変え、兵隊たちへの待遇も変更する・・・ 人気Blogランキング    ↑ 押せば、壮絶な攻防戦が・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006年12月22日 (金) 21時12分

» 「硫黄島からの手紙」試写会レビュー 私は日本人 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
クリント・イーストウッド監督が撮る戦争映画はこれで完結された。僕は、彼の「父親たちの星条旗」に続く圧倒的なパワーを感じ、自分は日本人だということを感じたのだ。 [続きを読む]

受信: 2006年12月27日 (水) 10時37分

» 「硫黄島からの手紙」を観た [雨ニモマケズ 風ニモマケズ]
太平洋戦争末期、 硫黄島を舞台に、 激しい戦闘が繰り広げられた。 クリント・イーストウッド監督による「硫黄島二部作」の二作目。 [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 10時24分

» 【劇場映画】 硫黄島からの手紙 [ナマケモノの穴]
≪ストーリー≫ 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林が硫黄島に降り立った。着任早々、栗林は本土防衛の最期の砦である硫黄島を死守すべく、島中にトンネルを張り巡らせ、地下要塞を築き上げる。そんな栗林の登場に、硫黄島での日々に絶望していた西郷ら兵士たちは希望を見出す。だが、一方で古参の将校たちの間で反発が高まり…。(goo映画より) イーストウッド監督の「硫黄島2部作」のうちの残りの一篇「硫黄島からの手紙」を鑑賞... [続きを読む]

受信: 2007年1月 3日 (水) 09時42分

» 硫黄島からの手紙 [不動前Labs]
冒頭のシーン。晴天のはずですが、スクリーンの色全体から死臭が漂ってくるかのようで... [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 00時54分

» 硫黄島からの手紙(12月9日公開) [オレメデア]
アメリカで公開された「父親たちの星条旗」に対して,日本で公開されたのが,この「硫黄島からの手紙」 日本とアメリカ,それぞれから見た,第二次世界大戦での硫黄島の戦いを描いている. ----(PR)---------- リンクサービスのお知らせ オレメデアに,あなたのブログ(ホー...... [続きを読む]

受信: 2007年1月12日 (金) 15時33分

» 硫黄島からの手紙−(映画:2007年7本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬亮、松崎悠希、中村獅童 評価:72点 公式サイト (ネタバレあります) 何が凄いって、これだけ日本人がワラワラと出てくる映画が洋画であって、監督がクリント・イースト....... [続きを読む]

受信: 2007年1月20日 (土) 00時54分

» 「硫黄島からの手紙」 世界でシェアすべき作品   [やまたくの音吐朗々Diary]
公開中の映画「硫黄島からの手紙 」を観賞。 監督・製作:クリント・イーストウッド。製作:スティーヴン・スピルバーグ、ロバート・ロレンツ、製作総指揮・共同原案:ポール・ハギス。脚本:アイリス・ヤマシタ。出演:渡辺謙 、二宮和也 、伊原剛志 、加瀬亮 、中村獅... [続きを読む]

受信: 2007年1月21日 (日) 05時21分

» 硫黄島からの手紙 [Yuhiの読書日記+α]
 先日、ゴールデングローブ賞の外国語作品賞を受賞した、クリント・イーストウッド監督の「硫黄島からの手紙」を見てきました。第二次世界大戦中に起きた硫黄島での戦いを、日本側の視点で描いた作品です。 戦争ものは苦手だったのですが、「父親たちの星条旗」を見たので、絶対に見に行こうと思っていました。  アメリカ側視点の「父親たちの星条旗」でも、かなり凄惨な戦闘シーンがありましたけど、やはり「硫黄島からの手紙... [続きを読む]

受信: 2007年1月22日 (月) 00時39分

» 渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙 [大腸がん手術・今は元気で稼ぐ!]
渡辺謙さんと急性骨髄性白血病と硫黄島からの手紙渡辺謙(わたなべ けん、1959年10月21日 - )は、新潟県北魚沼郡小出町(現、魚沼市)出身の日本の俳優。演劇集団 円を経て2002年より渡辺謙はケイダッシュ所属。身長184cm、体重80kg。血液型はA型。渡辺謙の「謙」の名は出身県である越後の戦国武将、上杉謙信に因む。渡辺謙は日本国内・海外双方において映画を中心にテレビドラマ、舞台、テレビコマーシャルと幅広く活躍する、日本を代表する俳優である。渡辺謙さん『独眼竜政宗』と闘病...... [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 16時20分

» 映画vol.97 『硫黄島からの手紙』*謙さん来場 [Cold in Summer]
 『硫黄島からの手紙』※舞台挨拶付試写会 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙 伊原剛志 二宮和也 加瀬亮 公式サイト ◇渡辺謙さん・伊原剛志さん 舞台挨拶 「戦争物」と「ホラー」は映画館で観ないようにしてるん....... [続きを読む]

受信: 2007年1月26日 (金) 14時51分

» 『硫黄島からの手紙』’06・米 [虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ]
あらすじ戦況が悪化の一途をたどる1944年6月アメリカ留学の経験を持ち、西洋の軍事力も知り尽くしている陸軍中将の栗林忠道(渡辺謙)が本土防衛の最後の砦ともいうべき硫黄島へ。指揮官に着任した彼は、長年の場当たり的な作戦を変更し西郷(二宮和也)ら部下に対す...... [続きを読む]

受信: 2007年2月12日 (月) 00時36分

» 『硫黄島からの手紙』 [京の昼寝〜♪]
世界が忘れてはいけない島がある ■監督 クリント・イーストウッド■脚本 アイリス・ヤマシタ ■キャスト 渡辺 謙、二宮和也、伊原剛志、加瀬 亮、中村獅童  □オフィシャルサイト  『硫黄島からの手紙』  戦況が悪化の一途をたどる1944年6月。 アメリカ留学の経験を持ち、米軍との戦いの厳しさを誰よりも覚悟していた陸軍中将・栗林(渡辺 謙)が硫黄島�... [続きを読む]

受信: 2007年2月25日 (日) 21時21分

» 硫黄島からの手紙 戦争映画のお手本 [◆名著・名画・名ゲーム2◆]
非常に中立な立場から日米両軍の戦いを描いた優れた映画。 日本軍の醜さを描くと同時に、やさしさも描く。 米軍のやさしさが描かれるかと思えば、醜さもきちんと描く。 観客がどちらか一方に肩入れをしそうになると、 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 19時46分

« まさお君、ありがとう | トップページ | いよいよ佳境へ! 『のだめカンタービレ』第9話 »