« どこでも行ける! 『よつばと』6巻 | トップページ | 医師とは何か? 『Dr.コトー診療所2006』第10話・最終話 »

2006年12月28日 (木)

ブラボー!! 『のだめカンタービレ』最終話

ドラマ版『のだめカンタービレ』最終話を見ました。

いや~、もう最高の出来^^
個人的には今年最高のドラマです!!

間違いなくドラマ史上に残る名作と言っても過言ではないかと。

「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック 「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:TVサントラ
販売元:ERJ
発売日:2006/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

最終話ではR☆Sオケのラストコンサートとのだめの
里帰りエピソードより後に持ってきてクライマックスに
据えるといいうアレンジを行ったわけですが、
これが大当たりでしたね。

のだめを追っかけて千秋が福岡に→千秋とのだめの抱きつきメリークリスマス
→のだめと千秋、野田家公認の中に→東京に戻ってR☆Sオケクリスマス公演
という流れを、笑いと感動を絶妙に両立させて見事に魅せきる上手さに脱帽

のだめの両親のキャスティングも絶妙でしたね。
特に父親役に岩松了ってキャスティングにはやられました。
『時効警察』の時といい、「ラーユーレディ~~」とか言っちゃう
脱力系のキャラがこの人はハマリますねー。

のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤) のだめカンタービレ ベスト100 (通常盤)

アーティスト:オムニバス(クラシック)
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2007/01/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

クライマックスはコンサート会場に登場人物全員が
勢ぞろいすることでグランドフィナーレの感動が際立っていました。

パフォーマンス自体も凄く良くて、見ていて鳥肌が立ちました。
回想シーンのセレクトも名場面・珍場面取り揃えており、
もう一度見たかったシーンばかりで満足。
最後に例の派手派手パフォーマンスで締める演出も心憎い

そして、何よりも人と人とが出会って、影響を与え合い、
それぞれが成長したことを見事に伝わってくる演奏シーン
なっていたことに感動しました。

見ている間は難しいことなんて考える必要がなく楽しめて、
でも、見終わった後は何か大切なことに気づかされているというのが、
最高の娯楽作品
かと私は思いますが、『のだめカンタービレ』は
まさしくそういう作品でした。

あくまでも原作に忠実に、しかしドラマとして面白くなるアレンジを
しっかりと行い、時に原作以上に魅力的なシーンを生み出し、
視聴者にテーマを印象付けた本作のスタッフを心から尊敬します

ブラボー!!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑↓ランキング参加中。『のだめカンタービレ』ブラボー!な方はポチッと。

↓原作コミック

のだめカンタービレ (9) のだめカンタービレ (9)

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓当ブログ『のだめカンタービレ』関連記事
■コミック
マングースでギャボ!「のだめカンタービレ」15巻
新生マルレの初公演! 『のだめカンタービレ』16巻
■TVドラマ
TVドラマも開始! 『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第1話
アジ投げ千秋に爆笑! 『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第2話
悲しみを怒りに変えて!立てよ!Sオケ!
『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第3話

Sオケ、初公演!『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第4話
ラフマニノフとガーシュウィン『のだめカンタービレ』第5話
Sオケ、解散!そして伝説へ…… 『のだめカンタービレ』第6話
いぶし銀黒木とハリセン江藤 『のだめカンタービレ』第7話
絶望から希望へ!! 『のだめカンタービレ』第8話
いよいよ佳境へ! 『のだめカンタービレ』第9話
♪タンタラタラララ チャンチャンチャーン♪
『のだめカンタービレ』第10話

|

« どこでも行ける! 『よつばと』6巻 | トップページ | 医師とは何か? 『Dr.コトー診療所2006』第10話・最終話 »

コメント

最終回感動しました。
音楽しても何にしても才能を持っている人は大勢いるとは思いますが、それを活かせる人はごくわずかでしょうねぇ。
腕がいいからといったって必ずプロになれるとは限りません。

でも、プロになれなくても音楽が好きで楽しければそれでいいと思います(別に音楽に限った事ではありませんが・・・)。
だってほら、「音楽」は「音を楽しむ」って書きますから・・・。

投稿: NK | 2006年12月29日 (金) 22時39分

NKさん、
いつもコメントありがとうございます。

「音楽」を「楽しむ」ことの喜びが
伝わってくるドラマでしたよね。
ホント、感動しました。

投稿: トミー | 2006年12月30日 (土) 22時48分

こちらこそ、TBありがとうございます。
原作の味をここまで損なわないドラマはわが国史上初の試みではないでしょうか。漫画と実写の新しいコラボの姿を一つ垣間見せたという意味で出色のできでしたよね。

のだめの両親、岩松了、宮崎美子のキャスティングにはびっくりしながらも、私もぴったりだと感じました。

日本の映画、ドラマもようやく最近はなかなかやりますよね。今後、お互いに注目していきたいものです。

投稿: たるぼっと | 2006年12月31日 (日) 12時23分

たるぼっとさん、
TB&コメントありがとうございました。

岩松了と宮崎美子は、ナイスキャスティングですよね。
ドラマ全体通して言えますが、
このドラマの配役はホントに見事でした。

最近、漫画原作ものの映像化のレベルが
上昇していますね。
このレベルでさらに新たな傑作を生みだして
いってほしいものです。

それでは、良いお年を!

投稿: トミー | 2006年12月31日 (日) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/4704067

この記事へのトラックバック一覧です: ブラボー!! 『のだめカンタービレ』最終話:

» 『のだめカンタービレ』最終回 [一感百想]
ついに最終回となりましたね。 最終回を見て、つくづく感じ入ってしまったのは、このドラマはやはり「千秋」のドラマだったということでした。 わたしは、もちろん第1回の感想でも述べたように、このドラマを見たきっかけはのだめこと、上野樹里の演技を観... [続きを読む]

受信: 2006年12月29日 (金) 11時22分

« どこでも行ける! 『よつばと』6巻 | トップページ | 医師とは何か? 『Dr.コトー診療所2006』第10話・最終話 »