« 散るぞ、悲しき 『硫黄島からの手紙』 | トップページ | 久々にコトー先生ネタでの更新です。
『Dr.コトー診療所2006』第7話・第8話 »

2006年12月17日 (日)

いよいよ佳境へ! 『のだめカンタービレ』第9話

前回、前々回に引き続き、遅ればせながら
ドラマ版『のだめカンタービレ』第9話の感想です。

「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック 「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック

アーティスト:TVサントラ
販売元:ERJ
発売日:2006/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

今回からのだめのコンクールへの挑戦が始まりました。

のだめの真価が発揮されるこのエピソードは
原作でも一番盛り上がるところ

二宮先生の高い演出力がもっとも冴え渡る話ですが、
ドラマ版スタッフも原作に負けず劣らない抜群の演出
魅せてくれます。

のだめの演奏シーンでは今まさに才能が開花しようとする
瞬間の凄まじい迫力を視覚的に見事に表現し、
千秋とのだめのドラマ部分では二人の感情の揺れを
見事に表現していました。

特にのだめの千秋への複雑な思いの表現は原作を超える
丁寧な描写
で、より視聴者にのだめの感情の揺れを
わかりやすく伝えるものとなっています。

千秋の北海道土産のカニを食べる時や、
千秋を海外に行くように叱責する時の
上野樹里の演技は鳥肌モノです。

のだめの「ケツの穴の小さか男ね!」
セリフにこめられた千秋に対する思いの強さ・深さには
かなりグッときました。

のだめカンタービレ キャラクター・セレクション 千秋編 のだめカンタービレ キャラクター・セレクション 千秋編

アーティスト:オムニバス(クラシック)
販売元:ソニーミュージックエンタテインメント
発売日:2006/12/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

また、千秋が北海道から帰ってきたら、留守電に真澄ちゃんの
メッセージが大量に入っていたといいうギャグの後に、
母親からの重要なメッセージを聴くことになるなど、
ギャグシーンからシリアスへの展開の切り替えが上手いですね

のだめ、審査員へのワイロ提案→時代劇による妄想→
ハリセンのつっこみ→のだめのコンクールに出る目的が明らかに、
というシーンなんかはその最たるもので、見せ方の上手さに
心から感心しました。

ギャグとシリアスの切り替えが上手いから、誇張された漫画的な表現も
嫌味がなく、あくまでもリアリティーを壊さない範囲で
成立することができているのかなと思います。

さて、次回はのだめのコンクール挑戦後編と言うことに。
放送も残すところあと2話。
原作と同じ展開になるのか、それとも大胆にアレンジしてくるのか
かなり気になるところですが、これまでファンの期待に応え、
楽しませてくれたドラマなので不安は感じていません。
感動のフィナーレを楽しみにして残り2話を視聴したいと思います^^

ブログランキング・にほんブログ村へ

↑↓ランキング参加中。のだめブラボー!!な方はポチッと。

↓原作コミック

のだめカンタービレ (8) のだめカンタービレ (8)

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓当ブログ『のだめカンタービレ』関連記事
■コミック
マングースでギャボ!「のだめカンタービレ」15巻
新生マルレの初公演! 『のだめカンタービレ』16巻
■TVドラマ
TVドラマも開始! 『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第1話
アジ投げ千秋に爆笑! 『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第2話
悲しみを怒りに変えて!立てよ!Sオケ!
『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第3話

Sオケ、初公演!『のだめカンタービレ(ドラマ版)』第4話
ラフマニノフとガーシュウィン『のだめカンタービレ』第5話
Sオケ、解散!そして伝説へ…… 『のだめカンタービレ』第6話
いぶし銀黒木とハリセン江藤 『のだめカンタービレ』第7話
絶望から希望へ!! 『のだめカンタービレ』第8話

|

« 散るぞ、悲しき 『硫黄島からの手紙』 | トップページ | 久々にコトー先生ネタでの更新です。
『Dr.コトー診療所2006』第7話・第8話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/4584368

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ佳境へ! 『のだめカンタービレ』第9話:

» のだめカンタービレ [きーわーど・えくすぷれす]
■2006.12.19更新ていうか来週終わってしまうんですね。毎週楽しみにしてたのに残念・・・。 のだめと千秋の恋の行方はそうなってしまうのでしょう・・・。今度は「のだめ」のトラウマが消えて、ピアノを楽しく弾けるようになればいいですね。そして千秋さんと一緒に海外へ・・・・・。何しろ来週で最後。。。楽しみだけど、さみしい。。。 ... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 18時25分

» のだめカンタービレ [バッグ 小物館]
「のだめカンタービレ」とは何か、みなさんはご存知ですよね。月9で放送中のドラマです。もともとは同題名の少女漫画です。「のだめカンタービレ」の由来は [続きを読む]

受信: 2006年12月28日 (木) 23時50分

« 散るぞ、悲しき 『硫黄島からの手紙』 | トップページ | 久々にコトー先生ネタでの更新です。
『Dr.コトー診療所2006』第7話・第8話 »