« 内乱の真実! 『鋼の錬金術師』15巻 | トップページ | いぶし銀黒木とハリセン江藤 『のだめカンタービレ』第7話 »

2006年11月29日 (水)

ラストは原作以上! 『デスノート the Last name』

※ネタバレ注意!!
  今回の記事は『デスノート the Last name』の結末に触れています。
  未見の方はご注意ください。

やっと、『デスノート the Last name』を観ることができました。

いや~、前編の出来が良かったので、本作の出来にも
かなり期待していたのですが、映画版スタッフはしっかりと
期待に応えてくれる作品に仕上げてくれていました。
大満足です。

Photo_3

まず、本作はシナリオが良い!
原作を深く読み込んだ上で、再構築したのがわかるシナリオ。

ただ尺の短縮のためだけに原作の設定を変更するのではなく、
ドラマにより厚みをもたらすために変更しているのが
素晴らしいですね。

原作の美味しいところを上手く抽出し、ライトとLの頭脳戦を
中だるみすることなく、緊迫感に満ちたまま魅せきる手腕が
ホントにお見事です。

ライトとLのチェスや大学での月、L、ミサ対面シーンでのひょっとこなど、
原作には無い小道具が、キャラクターの原作らしい一面を引き出すのに
上手く使われているのも良いですね。

Photo_4

シリアスな中にも笑えるシーンを入れてくるメリハリの利いた演出
前編以上に効いており、金子監督の演出力も本領発揮の感があります。
男性俳優はカッコよさや渋みを、女優は色香を(谷崎趣味に
偏りがちなのはアレですがw)引き出して撮る監督の持ち味も
前編以上に感じれました。

そして、クライマックスにおいて、命を賭けた頭脳戦が
正義や理想、愛といった漠然とした概念に命を捧げた人間達の
ドラマとして帰結し、完結した点に脱帽
しました。

基本的には原作ラストを踏襲しているものの、
事件解決に自分の払える最大の犠牲を払ったLの策と
夜神総一郎生存による、息子の罪を知った父と父をも
手にかけようとした息子の葛藤によるドラマという
二点の変更によって、受ける印象は原作よりも感慨深いものに。

シェークスピアやギリシャ悲劇のような普遍的なテーマ性
持った物語として見事に昇華されていました。

藤原竜也や鹿賀丈史をキャスティングした
真の意味はこのためだったのかと。
舞台仕込の俳優の演技力と存在感に
圧倒
されました。

で、舞台出身俳優に負けない演技力で、主役を食う存在感を
放つ松山ケンイチのL
がこれまた、素晴らしかった。

ラストのLと総一郎の別れのシーンはしんみりとした良いシーンです。
前編で総一郎がLに毛布をかける何気ないシーンがここで利いてきて、
実に上手いなあと感心しました。

『デスノート』を不謹慎で悪趣味な話と思っている方も結構
といるかと思いますけれど、決してそうではないとうことを
知らしめるラストですね。

原作に負けない完成度の映画版でしたが、
こと結末に関しては原作を超えたと言って
良いのではないかと、私は思います。

あと、最後に流れるレッド・ホット・チリペッパーズの主題歌、
『Snow』がライトを始め各キャラクターの心情にを思わせる詩で、
かなり映画に合っていたのも良かったですね。
特に“All my life to sacrifice”のあたりはゾクッときました。
帰りにレッチリのアルバム『STADIUM ARCADIUM』買っちゃいました^^

ステイディアム・アーケイディアム ステイディアム・アーケイディアム

アーティスト:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/05/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

にほんブログ村 映画ブログへ

↑↓ランキング参加中。ブログって・・・面白っ!!・・・な方、ポチッとお願いします。



↓原作コミック

DEATH NOTE (1) DEATH NOTE (1)

著者:大場 つぐみ,小畑 健
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する


↓当ブログ内の『デスノート』関連記事
■コミック
ついに完結!「DEATH NOTE」12巻
真相究明!! 『DEATH NOTE HOW TO READ 13』
■TVアニメ
やっと見れました!『DEATH NOTE(アニメ版)』第1話
L登場! 『DEATH NOTE(アニメ版)』第2話
デスノートに狂いなし!『DEATH NOTE(アニメ版)』第3話・第4話
■映画
原作ファンも結末は予測不可能!「デスノート前編」
■小説
西尾氏ならではのノベライズ 「DEATH NOTE アナザーノート
ロサンゼルスBB連続殺人事件」

■その他(ニュースなど)
小畑健氏逮捕でどうなる「デスノート」

|

« 内乱の真実! 『鋼の錬金術師』15巻 | トップページ | いぶし銀黒木とハリセン江藤 『のだめカンタービレ』第7話 »

コメント

こんばんわ。
TB&コメントありがとうございました。
私も原作よりもラスト好きです♪
ミサミサも切なくて・・。

投稿: PINOKIO | 2006年11月29日 (水) 22時24分

PINOKIOさん、こんばんわ^^
TB&コメント返しありがとうございます。

ミサミサ、切なかったですね。
特にラストシーンの一言。
いっそライトの記憶まで失えた方が
彼女にとっては幸せなのでしょうね。
戸田恵梨香もはまってて良かったです。

投稿: トミー | 2006年11月30日 (木) 01時04分

こんにちは。映画版ラストは、ほんと原作より良かったですね。
原作を忠実に再現しつつ、オリジナルの演出に人間ドラマを
盛り込んでいて、より見ごたえのある作品に仕上がっていたと
思います。
原作、そして映画を見て思ったのは
力を手に入れ、思い上がった人間は何より怖いということです。
真の正義とは何なのか、という事を考えさせられますね。

投稿: のりっぺ | 2006年11月30日 (木) 15時43分

映画、面白かったですよねー。
今年は邦画が豊作のようですが、
個人的にはその中でもダンチでよかったです。

ボクもてっきり原作の短縮版みたいなものかと予想してたのに、
親子の対峙を始め、オリジナルの脚本、演出には脱帽でした。

それでは☆

投稿: オキミヤ | 2006年11月30日 (木) 23時12分

のりっぺさん、
コメントありがとうございます。

人間ドラマに見応えがあるのが良かったですね。
私もこの点に一番満足しました。

真の正義って、ホントなんなのだろうと
この映画を見ると思いますね。
ただ、人に犠牲をしいる正義、個人の考え方を
おしつける正義というのは、捻じ曲がって
おかしいものなのでしょうね。

投稿: トミー | 2006年12月 1日 (金) 00時50分

オキミヤさん、
TB&コメントありがとうございます。

私も原作のダイジェストみたいな作品に
なってなくて本当に良かったです。
原作変えすぎてファンの反感を買うこともある
金子監督という人選も不安ではありましたが、
きっちり原作尊重した上で、上手くアレンジ
していたので、ホッとしました。

最近は漫画原作モノの映像化に
当たりが多くて嬉しいです^^

投稿: トミー | 2006年12月 1日 (金) 00時57分

トミーさま、
TB&コメント、ありがとうございます!!

前宣伝が先走りしすぎていたせいか、
結末が「あら?同じなの?」でしたが、
よくまとまっていたと思います。
L好きとしては、今回の後編の方が気に入っています♪

投稿: 伽羅 | 2006年12月 2日 (土) 01時54分

伽羅さん、
TB&コメントありがとうございます。

結末、基本は同じでしたね。
ただ、変更した部分が効果的で、
私としては原作よりも結末までの
流れが自然で納得しやすいものになったように
思います。

Lが主役のスピンオフ映画も作られるそうですが、
どのような作品になるんでしょうね。
そちらも楽しみです。

投稿: トミー | 2006年12月 5日 (火) 01時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/4350408

この記事へのトラックバック一覧です: ラストは原作以上! 『デスノート the Last name』:

» DEATH NOTE(デスノート) the Last name [元同人女の戯言日記]
今日見てきました、「DEATH NOTE(デスノート) the Last name」ネタバレありますんで、 [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 15時02分

» デスノート『DEATHNOTE -the last name-』観てきました。 [らくあきありす]
デスノート観てきました(*´▽`) こんなテンプレ作っておいて、 実は俺まだ観てなかったんです↓↓ 今年観た実写の邦画の中では、 ダンチで面白かったぜぃ!! とりあえず松山ケンイチたんハァハァ(´Д`; ) 死神ノート... [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 18時05分

» DEATH NOTE デスノート the Last name [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
楽しみにしておりました。 他の映画も見たくなくなるほどに。 誰も知らない結末・・・・・。 いやぁー、面白かった!! [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 22時25分

» デスノート The Last Name [映画とはずがたり]
すでに完結した原作コミックとは異なる、 衝撃の結末が用意された映画版の続編。 “死のノート”を操る天才殺人者・キラこと夜神月と、 圧倒的な推理力で彼を追いつめるL。 ついに対面した2人の天才の頭脳戦が始まる! STORY:死神が地上に落とした“デスノート”を...... [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 23時51分

» DEATH NOTE the Last name [土曜の夜は・・・]
story 死神が地上に落とした“デスノート”を拾ったのは、天才的な頭脳を持つ大学生、夜神月だった。刑事局長を父に持ち、強い正義感に貫かれた月は、ノートを使って凶悪犯を粛清し、自らの手で理想の世界を創りあ... [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 22時11分

» デスノート the Last name−(映画:2007年6本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香、片瀬那奈、鹿賀丈史 評価:85点 公式サイト (ネタバレあります) 今頃ではありますが、デスノ後編です。 Lの異様なメイクと不自然な立居振る舞い(含む異常な甘味摂取)と、突....... [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 21時47分

« 内乱の真実! 『鋼の錬金術師』15巻 | トップページ | いぶし銀黒木とハリセン江藤 『のだめカンタービレ』第7話 »