« 幸せになって欲しい 『×××HOLiC』10巻 | トップページ | ラストは原作以上! 『デスノート the Last name』 »

2006年11月25日 (土)

内乱の真実! 『鋼の錬金術師』15巻

『鋼の錬金術師』15巻を読みました。

鋼の錬金術師 15 (15) 鋼の錬金術師 15 (15)

著者:荒川 弘
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

1巻のオマケ漫画で「2巻からは『焔の錬金術師』
始まります」っていうジョークネタがありましたが、
この巻ほとんどそれが実現したような形に。w

焔の錬金術師ことロイ・マスタングが出ずっぱり
本来の主役エドの本編での出番はたった8ページ、
アルに至っては1コマしか出てなかったような。

さて、今回は全ての登場人物に影を落とす重要事件
「イシュバール内乱」の詳細が語られるという
過去エピソード
なわけですが、これがまた重い

基本的に『鋼の錬金術師』はシナリオの重厚さが魅力の一つでは
あるのですが、今回は特にずしりときます

ロイやリザ、ヒューズ、ノックス、キンブリーを通して
戦場における兵士の苦悩や狂気、理不尽な戦う理由への戸惑いが
余すことなく描かれており、心に響きます

戦争体験者に取材したと言うだけあり、ファンタジーでは
あるのですが、戦場の描写は生々しくリアリティーがありました

基本的にエンタメなので戦闘シーンをかっこよく描写しては
いるのですが、かっこよさだけでなく戦争の理不尽さも
しっかりと表現しようという姿勢が感じられる点が
とても『鋼の錬金術師』らしく好感が持てます

今回は紅蓮の錬金術師ゾルフ・J・キンブリーが本格的に登場し、
独自の悪党美学を展開していましたね。
アニメ版での暴れっぷりが非常に印象に残っているキャラクターだけに
原作でも突き抜けた人でなしぶりを披露してくれるのかが楽しみ^^

あと、漫画では名前のみの登場だったバスク・グランの
姿を見れたのもちょっと嬉しかったり。
アニメ版よりも好感度上がりましたね、彼。

ところで、正直言いますと、私の中で一部アニメ版との設定ごっちゃに
なっている箇所があり、この巻は読んでて少し混乱することが

ありました。
ロックベル夫妻の殺害の件とか……。

一度、私は漫画版とアニメ版の設定の相違点を整理して
おかなけらばいけないなあ
と思いましたね。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↑↓ランキング参加中。ポチッと押せば何か練成できるかも!?

↓当ブログ内『鋼の錬金術師』関連記事
鋼、改め裸の錬金術師!? 「鋼の錬金術師」14巻

|

« 幸せになって欲しい 『×××HOLiC』10巻 | トップページ | ラストは原作以上! 『デスノート the Last name』 »

コメント

こんばんは^^
もちろん全巻1刷りで所有しておりまする♪
この巻はいいですよね。
トミーさんの言うとおりほんとズシリときます。
素晴らしい台詞も多いですし、リアリティも申し分なしです。
とはいえ、戦争について多少真面目に勉強してきた私としまして
「子供兵」や「地雷」の問題あたりを
クローズアップしてくれれば
こういう問題を色んな人に知ってもらえると・・・
って、そうすると漫画としての面白さが・・・
ううむ・・・(-盆-;)

投稿: シン@偽哲学者 | 2006年11月30日 (木) 17時31分

シンさん、コメントありがとうございます。

取材の成果が感じられるリアリティですよね。
「地雷」は世界観的に難しそうですけど、
「子供兵」は「ハガレン」でも掘り下げられそう。
荒川先生にはさらに戦争につっこんだ別作品も
書いてもらいたいですね。

投稿: トミー | 2006年12月 1日 (金) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/4306359

この記事へのトラックバック一覧です: 内乱の真実! 『鋼の錬金術師』15巻:

« 幸せになって欲しい 『×××HOLiC』10巻 | トップページ | ラストは原作以上! 『デスノート the Last name』 »