« 嵐の前の静けさ 『医龍』12巻 | トップページ | Yの悲劇、そして事件はZへ…… 『アンフェア the special コード・ブレーキング~暗号解読』 »

2006年10月 3日 (火)

私の中のよからぬものが…… 『邪魅の雫』

京極夏彦の人気シリーズ久々の最新作『邪魅の雫』を読み終わりました。

邪魅の雫 邪魅の雫

著者:京極 夏彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本作も見た目も内容もどちらの意味でも厚みのある内容で
期待通り面白く、800頁以上の大長編ながら一気読みしてしまいました。

ストーリーをおおまかに解説すると以下のような感じになります。

江戸川、大磯、平塚と続発する不可解な毒殺事件が続発。
凶器は青酸カリのようだが、「凶器の線ではたどるな」という
上層部の圧力や公安の暗躍もあり……。
一方、榎木津の縁談が次々に破談になるという事件も発生。
しかも縁談相手は殺害されたり、行方不明になっているようで……。

毒殺事件を青木や『鉄鼠の檻』に登場の山下警部補が、
榎木津の事件を彼の下僕、益田と関口が追っていく。

事件が混迷する中、益田は軽薄を装った仮面の裏に隠した苦悩を滲ませ、
青木は警官としての意地を見せ、筋を通す。

というわけで、今回は益田と青木が大活躍

はっきり言って今回この二人はかなりカッコよかったです。
特に、青木は公安の郷嶋相手に一歩も引かない態度で応じたりと
彼の株が急上昇する場面が多いこと、多いこと。
確実にファンが増えそうです。

山下警部補も『鉄鼠』の時とは人が変り、かなりいい味が出ていたので、
私的に株が上昇。

今回は警察関係の再登場キャラクターが非常に多く、
警視庁と所轄の軋轢など警察小説のような場面もあったため、
警察が一番活き活きと描かれていたように思えました。

とは言っても、最後に美味しいところを持っていくのは、
やはり京極堂と榎木津
ですが。w
榎木津なんかシリーズ中一番出番が少ない事件であるにも関わらず、
もっとも重要なキーパーソンというかなり特殊な立場。
最後は本作を「恋愛小説」(間接的ネタバレゆえ、読了済みの方のみ反転)
として着地させる離れ技まで演じてしまっています。

いつもとは多少毛色が違う感じですが、これはこれで面白かったです。

ただし、京極堂のうんちくは今回かなり控え目な上、
話題も「文芸評論」論など、笠井潔や大塚英志な分野の話が中心。

妖怪や宗教関連のうんちくはほとんどなく、
テーマ妖怪である「邪魅」の解説もありません
でした。
この方面の話を楽しみにしていた人は物足りなく感じそうですね。

ところで、憑物落としの場面で、なぜか私の脳内では

ジョジョビジョバージョビジョバー

と某CM曲が流れてました。

よからぬものが流れ落とされていく。
そんなイメージ、なんですかね。w

にほんブログ村 本ブログへ

↑↓ランキング参加中。「押そうかな」「押したよ」「押して仕舞いました」

↓益田、山下初登場 『鉄鼠の檻』

文庫版 鉄鼠の檻 文庫版 鉄鼠の檻

著者:京極 夏彦
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 嵐の前の静けさ 『医龍』12巻 | トップページ | Yの悲劇、そして事件はZへ…… 『アンフェア the special コード・ブレーキング~暗号解読』 »

コメント

読むの速いですねぇ~
これって最近でたばっかりですよね。
その読書能力に脱帽です><
京極さんの本は読みたいと思いつつまだ読んでないのですよね。
この前別のブログでも同じことを書いたら
うぶめの夏を紹介してもらえました。
また近いうちに購入して読んでみたいと思っています^^

投稿: シン@偽哲学者 | 2006年10月 5日 (木) 00時21分

シンさん、
コメントありがとうございます。

まあ、読むのが速いというか、
睡眠時間を犠牲にしただけなんですけどねw

京極さんの本は一見分厚いですけど、
作中の世界に引き込まれてしまうので、
一気に読めてしまいます。

私も最初に読む京極作品としておすすめするなら、
「姑獲鳥の夏」ですね。
記念すべきシリーズ第1作ですあり、デビュー作ですし。

投稿: トミー | 2006年10月 5日 (木) 19時48分

はじめまして。
ブログピ-プルの「京極夏彦マニア」でこちらを知った者です。
実は私の脳内でも例の曲が・・・。(笑)お仲間発見ということでコメントしに参りました。
記事に書かれてらっしゃる通り、今回は警察+元警察関係大活躍でしたね。
再登場して欲しいキャラ、増えました。
最後の1行を読んで、“よからぬもの”を排出させてあげたのは、憑物落しさんではなく、
榎木津さんだったのかしら? という気もしました。でも、最後の1行で零されたであろう雫は“よからぬもの”ではないのでちょっと違うんですけど。
早くも次作が待ち遠しいです。それでは。

投稿: ばらゆり | 2006年10月12日 (木) 00時42分

ぱらゆりさん、
コメントありがとうございました。

あの曲流れたのが私だけではないと知って
嬉しいです。w

今回の話は今までに榎木津の一面が見れた点が
面白かったですね。

次回作はまたかなり長く待たされそうですが、
まあ、京極さんには完成度の高いものを
書いてもらいたいですし、
私は気長に待ち続ける覚悟を決めました。w

投稿: トミー | 2006年10月13日 (金) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/3671794

この記事へのトラックバック一覧です: 私の中のよからぬものが…… 『邪魅の雫』:

» 私の中の。邪なモノが [ばらゆり通信]
♪じょじょびじょばぁ〜じょびじょう゛あぁ〜 じゃなくて。 <私の中の。邪なモノが頭を擡げたのです――――。> 9月26日に、京極堂シリーズの最新刊が出まして 大事に大事に読んでおったのですが、本日読了。 次の『ぬえ(空へんに鳥)の碑』が出るのは何年後だろうか。 〜遠い目〜 『邪魅の雫』、たいへん邪(よこしま)なオハナシでした。 挟み込みの“御祓済栞”の存在がどれほど心強かったことか。 ヨコシマナシズク、つまり毒をめぐる事件です。 スペシャル映像【完全版】 朗読/京極夏彦 以下、ネタバ... [続きを読む]

受信: 2006年10月13日 (金) 21時02分

» 京極夏彦『邪魅の雫』 [読んだ本をダラダラと報告する]
「関口は顔を歪ませた。笑っているのだ。」 (本文P170より)「関口は鉄砲で撃た [続きを読む]

受信: 2006年11月29日 (水) 21時38分

« 嵐の前の静けさ 『医龍』12巻 | トップページ | Yの悲劇、そして事件はZへ…… 『アンフェア the special コード・ブレーキング~暗号解読』 »