« やっと見れました!
『DEATH NOTE(アニメ版)』第1話
| トップページ | 寺島アニキ大活躍! 『逃亡者 木島丈一郎』 »

2006年10月20日 (金)

迷わずオススメ! 『フラガール』

『フラガール』を観てきました。

フラガール

まず、結論から書かせてもらいますがこの映画は傑作です。
未見の人は今すぐ映画館に観に行ってほしい
それぐらい強くオススメしたい映画です。

本作は石炭から石油にエネルギーの主力が移り変わる昭和40年代、
寂れた炭鉱町を救うため、石炭会社がリゾート施設である
「常盤ハワイアンセンター」を設立し見事成功させた実話が題材。

Photo_1

寂れた町を救うためにフラダンサーに志願した蒼井優ら
地元の娘達が東京から来た松雪泰子扮する先生の厳しい指導の下、
特訓を積み重ねダンサーとして成長していくというのが主軸の物語です。

大筋だけ書くと、かなりベタな話に感じるかと思います。
実際、別れのシーンなどで感動を呼ぶ泣かせの演出は定石通り。

ただ、ベタなシーンを正々堂々キッチリと丁寧な演出と俳優の演技力、
練習を積んだ見事なフラダンスで魅せきっているのが実に見事。

泣かせるシーンにあざとさが一切無く、自然に感動が心にしみてきます

市井の人々の人情や職業人のプライドを誠実に描いている点も素晴らしく、
私は観終わった後とても清々しい気持ちになりました。

Photo_2

そして、なによりもこの映画の一番素晴らしい点は
女性がとてもかっこよく、美しく描かれていることでしょう。

それも、表面上の美しさではなく強さや優しさといった内面の美しさを
とことん表現しているのが凄い。

教え子のために怒りに燃え、男湯に勇ましく乗り込む松雪泰子、
終始、意志の強い眼差しでダンスの特訓に励む蒼井優、
落盤事故にあった父親の安否を気にかけつつプロとして舞台に立つ
決心をするしずちゃんこと山崎静代……。

登場する女性の内面の美しさがきっちり描かれることで、
ラストのフラダンスシーンの美しさに説得力を与えています。

このラストのフラダンスシーンはかなりの大迫力。
映画館の大スクリーンと音響で見ないと確実にもったいないです。

特に蒼井優のソロフラダンスは目をみはる素晴らしさ
「生きる」喜びを全身全霊で表現しているという気迫に満ちています。
彼女はホント凄い女優ですね。

本作は正々堂々バカ正直なぐらいストレート勝負な映画です。
ただ、球速160㌔以上は出てる超豪速球のストレート
ここまでのストレートめったにないと思います。
観て損はしませんよ。

にほんブログ村 映画ブログへ

↑↓ランキングに参加中。既に観た人もこれからも観に行く人もポチッとどうぞ。

|

« やっと見れました!
『DEATH NOTE(アニメ版)』第1話
| トップページ | 寺島アニキ大活躍! 『逃亡者 木島丈一郎』 »

コメント

こんばんわ。
え?常盤ハワイアンセンター?
あ”、スパリゾートハワイアンズじゃないですか。
数年前にここ行きましたよ。

福島のお酒はおいしかったなぁ~。
おかげでなにも記憶がないです(笑)

この映画を見たらなにか思い出すかもしれませんね。
この記事を読んで、見に行きたくなりました。
一票入れておきます。

投稿: ピコゾウ | 2006年10月20日 (金) 21時53分

ピコゾウさん、コメントと1票
まことにありがとうございました。

観たらスパリゾートハワイアンズ、
数年前に訪れられたんですね。

私もどのような所か興味がありますので、
是非、観に行って記憶を取り戻されたら、
報告お願いいたします。w

投稿: トミー | 2006年10月21日 (土) 00時06分

トミーさん、こんにちは。
コメント&TBありがとうございます。

>女性がとてもかっこよく、美しく描かれていること

ほんとにそうですね。
李監督は女性が主役の映画は初めてということですが、なかなかどうして女性たちがイキイキと描かれていたと思いました。

また寄らせていただきます。

投稿: はらやん | 2006年10月21日 (土) 11時34分

はらやんさん、
こちらこそ、TB&コメントありがとうございます。

本年度の映画では一番女性が素敵な映画だったと思います。

また遊びに来てくださいね。
お待ちしています。

投稿: トミー | 2006年10月21日 (土) 13時46分

トミーさん、お久しぶりです!
コメント&TBありがとうございます。

ほんと、この映画たくさんの人に観てもらいたいですね。
自然に涙が出てくる。
ラストのフラダンスシーンは素晴らしい!!
生きる喜び、達成感、見事に表現されてましたよね。
超豪速球のストレート、心にストライク!!^^
再度観たいです♪

投稿: アイマック | 2006年10月22日 (日) 00時06分

こんばんは!私も見ましたよー。
本当にいい作品ですよね。見ていてたくさんの元気と前向きな
気持ちをもらえる映画でした。
真剣に、そして明るく楽しく踊る女性たちはとても輝いてました。
ぜひ多くの人に見て欲しいですね。

投稿: のりっぺ | 2006年10月22日 (日) 01時00分

アイマックさん
こちらこそ、TB&コメントありがとうございます。

私も再度映画館で観たくなりましたよ。

映画会社には、宣伝にもっと力をいれてもらって
上映館数も増やしてほしいと思いました。

心から多くの人に見てもらいたいと思える作品でした。

投稿: トミー | 2006年10月22日 (日) 01時11分

のりっぺさん、
コメントありがとうございます。

>元気と前向きな気持ちをもらえる映画

おっしゃる通りの映画でしたね。
観終わった凄く明るい気持ちになれました。

もっともっとヒットしてほしいですね。

投稿: トミー | 2006年10月22日 (日) 01時14分

こんばんは!echo&コメ、ありがとうございました!
あたしは純子さんがストーブを集めるシークエンス、
もうグチャグチャに泣いてしまいました。
相当ひどい顔していたと思います。
まさに球速160㌔以上!
すごい映画でした!
またよろしくお願いしますね。

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006年10月26日 (木) 04時23分

猫姫さん、
TB&コメ、こちらこそありがとうございました。

ストーブのシークエンス、
オチはわかってるんですけど
すごく良いシーンでしたね。
私も凄く好きです、あの場面。

>またよろしくお願いしますね。

こちらこそよろしくお願いします^^

投稿: トミー | 2006年10月27日 (金) 23時21分

TBとコメントいただいていたのに、
お伺いするのが遅くなってすみません!
イイ映画でしたね。ベタでミエミエで、思う壺だ・・・と
思いながらも、ボロボロ涙が止まりませんでした。
ちょっと情けない男どもと対照的に、
素敵に輝くフラガール&お母ちゃんでした。

投稿: kino | 2006年10月29日 (日) 00時43分

kinoさん、
TB&コメントありがとうございます。

女性が素敵に輝いているところが
この映画の一番の魅力ですね。
ホント、いい映画でした。

投稿: トミー | 2006年10月29日 (日) 08時30分

TBありがとう。
いい映画というのはたくさんありますが、こんなに無条件に人に奨めたくなる映画というのは、滅多にないと思いますね。

投稿: kimion20002000 | 2006年11月18日 (土) 19時39分

kimion20002000さん、
TB&コメントありがとうございます。

ホント、無条件で勧めたくなる映画ですよね(^о^)
多くの人に見てもらいたいです。

投稿: トミー | 2006年11月19日 (日) 13時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/3897021

この記事へのトラックバック一覧です: 迷わずオススメ! 『フラガール』:

» 「フラガール」 人を育てるということ [はらやんの映画徒然草]
先頃までフジテレビ系列で放送していた「ダンドリ。」はチアダンス。 チアダンスに一 [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 22時41分

» フラガール [小部屋日記]
(2006/日本)【劇場公開】 久々、劇場で号泣・・・それも清々しい涙。 「山をハワイにすれば、みんな幸せになれる!!」 それを信じて、女性たちは踊る。 前に向かって進む心意気。 「踊っぺ!」 ラストのフラダンスシーンは圧巻!!! 思わず拍手しそうになりました^▽^ 涙と笑いの感動のドラマです。 昭和40年、福島県いわき市の炭鉱町。 男たちは代々炭鉱夫として、女性たちはそれを支えていた。 しかし... [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 23時58分

» 映画「フラガール」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
泣けるよ、泣けるよ、と最初からそう思いながら観た、・・そう思いつつも思いの片隅に、わざとらしく感動を押し付けられるのではとの疑念もあったのだが・・ 時は昭和も40年、時代の波に押され風前の灯の常磐炭鉱、大量解雇の嵐が吹き荒れるなか、閉山の穴埋めに構想された... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 02時52分

» フラガール 06年205本目 [猫姫じゃ]
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 今年見た中...... [続きを読む]

受信: 2006年10月25日 (水) 14時12分

» 「フラガール」 涙・涙・・・ [目の中のリンゴ]
楽しみにしていた映画でした! 公開初日、早速観てきました。 「フラガール」 (2006年・日本) 福島県の常磐ハワイアンセンター(現・スパリゾートハワイアンズ)の 誕生秘話とも言える物語。 昭和40年、衰退する炭鉱の街をなんとか甦らせようとする 一大プロジェクト、ハワイアンセンター。 目玉となるのはフラダンスショー。 ド素人の炭鉱労働者の娘にフラダンスを教えるため、 東京からダンサーを招く。 センターの建設に、人々の風当たりは強く�... [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 00時41分

» フラガール [映画、言いたい放題!]
「父親たちの星条旗 」の試写会を一緒に観に行った友人が この作品を観て常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)に 行きたくなったので一緒に行ってくれる人を探してる、とか。 私の周りではかなり評判がいいこの作品。 「絶対泣きますよ!」 「映画館で観て下... [続きを読む]

受信: 2006年11月 4日 (土) 08時15分

» NO.177「フラガール」(日本/李相日監督) [サーカスな日々]
邦画のエンタテイメント・シネマの最高峰として、 堂々とアカデミー(外国作品)賞を競えばいい! 僕がとても注目している映画の、製作・配給会社にシネカノンがある。 代表は李鳳宇。1960年生まれの彼は、1989年にシネカノンを立ち上げ、「シュリ」「ブラス」「地雷を踏んだらサヨウナラ」など数々の名作を90作以上配給している。「月はどっちに出ている」「のど自慢」「パッチギ」などの映画製作・プロデュースも行っている。 シネカノン有楽町はじめいく... [続きを読む]

受信: 2006年11月 8日 (水) 15時55分

» フラガール [月影の舞]
やっと観られた「フラガール」。 高松では上映されないのか、遠くの映画館まで 豊川ファンの友と車を飛ばして行く。 いやあ~、すごくよかった。 素直に泣いてしまった。 「フラガール」パンフ しずちゃんの演技は、最初はキワモノかと思ったが、 あざとくな... [続きを読む]

受信: 2006年11月22日 (水) 16時43分

» 昨年の邦画1位は「フラガール」 [秘伝!夢のネット生活♪]
映画専門誌「キネマ旬報」が、2006年度の映画ベストテンを発表しました。今回で80回目となる「キネマ旬報は、女性監督や若い世代の作り手が高い評価を得たのが特徴だそうです。わたしも今回選出された映画は観に行きました。さすがに心に響くモノがありました...... [続きを読む]

受信: 2007年1月10日 (水) 08時06分

» フラガール−(映画:2007年25本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:李相日 出演:松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代、岸部一徳、富司純子 評価:96点 公式サイト 先日、第30回日本アカデミー賞を受賞。 蒼井優は助演女優賞を受賞。 評判どおりの素晴らしい映画だった。 しかし、しずちゃんの汚い泣き顔にもらい泣き....... [続きを読む]

受信: 2007年2月24日 (土) 23時05分

« やっと見れました!
『DEATH NOTE(アニメ版)』第1話
| トップページ | 寺島アニキ大活躍! 『逃亡者 木島丈一郎』 »