« 小畑健氏逮捕でどうなる「デスノート」 | トップページ | 羽海野先生お疲れ様でした 「ハチミツとクローバー」10巻 »

2006年9月10日 (日)

四国のうどんは世界一ィィィィィ! 「UDON」

香川県名物のさぬきうどんをテーマにした本広克行監督の最新作、
「UDON」を観てきました。

Udon_2

物語は故郷を捨て、コメディアンを目指して渡米したものの
夢破れて戻ってきたユースケ・サンタマリア演じる製麺所の息子が
トータス松本演じる親友や小西真奈美演じるタウン誌編集者らと
共に麺通団を結成しうどんブームを仕掛ける前半と、
ユースケの父親が急死したため、ユースケとその仲間たちが
父の味を継承しようと努力する後半の二部構成。

前半はユースケたち麺通団の成功と挫折ををコミカルかつ
爽やかに描いた青春ドラマ、後半は息子と姉・父の和解を
描いたヒューマンドラマという二つの異なる魅力を持つ作品です。

また、実在の名店が次々に登場し、本場ならではの食べ方、
楽しみ方が紹介されていくあたりはグルメ情報番組、
麺通団がグルメ記事の常識を打ち破る記事を発案するくだりや、
父の四十九日までに父の味を継承したうどん作りを目指すくだりは
「プロジェクトX」や「ガチンコ」、「貧乏脱出大作戦」などの
ドキュメンタリーやバラエティーを見ているような面白さ

CGアニメやライブシーンもあったりして、映画の中にTV番組の
プログラムが全て詰め込まれているようでもありました。

テレビ出身の本広監督だけあって、テレビ番組制作のノウハウが
上手く生かされている
あたりは流石です。

Udon02

実話を基にしたエピソードをところどころ織り交ぜることや、
ユースケとトータス松本の演じるキャラクターの設定が
それぞれのパブリックイメージをそのまま反映していることで、
フィクションとしてかなり誇張された物語になっていながら、
ノンフィクション的なリアリティーを与えている点も巧み。

ありえないドジッ娘ぶりが可愛らしいヒロインの小西真奈美や、
テンポの良い掛け合いで笑わせてくれる片桐仁と要潤コンビなど、
登場人物も愛すべき人達揃いで好感が持てます

まあ、正直言って、色々な要素を詰め込みすぎたせいか
この映画で一番伝えたいことが何かがあまりはっきりしていない点や、
人物の心情変化ナレーションでの説明に頼りすぎている部分、
麺を打つ時にユースケだけ帽子を被らないのは何故?
それは衛生的にまずくないか?
などと、ツッコミをいれたくなる部分も多々ありますが、
見終わった後、前向きな気持ちになれる内容です。


私はかなり楽しめました

Udon04

ところで、映画を見た日の私の夕食ですが、
「やっぱ、うどんでしょ!」
って、ことでうどんを食べてきました。

行ってきたのは、大阪中央区なんばウォーク内にある
四国うどんナンバウォーク東店」。
どうせ食べるなら四国にこだわろう、ってわけで、
その名もずばりな所に入ってみた次第。

コシのある麺の美味さと気さくな人柄の店の人が、
印象的な良いお店でしたよ。

しばらくはうどんにハマッてしまうかも。w

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 小畑健氏逮捕でどうなる「デスノート」 | トップページ | 羽海野先生お疲れ様でした 「ハチミツとクローバー」10巻 »

コメント

こんばんは。
見ていて明るい気持ちになれる作品ですよね。いい映画でした。
帽子かぶらないのは確かに何故??と思いましたが・・。
何かちゃんとした理由あるのかな?
何にせよ、俳優陣一人一人の個性がよく引き出されていて
面白かったです。私もうどん好きなので
当分ハマルかもですw

投稿: のりっぺ | 2006年9月10日 (日) 21時52分

のりっぺさん、
いつもコメントありがとうございます。

俳優陣、みんな良い味出していましたね。
それぞれの個性が「UDON」という
作品の旨味成分になっている感じです。

投稿: トミー | 2006年9月10日 (日) 22時12分

トラバありがとうございます。
そば派のひらりんでさえ、
ご当地のシンプルなウドンは食べたくなりました。
やっぱ、現地に行かなくちゃ味わえないのが残念っ。

投稿: ひらりん | 2006年9月11日 (月) 01時06分

ひらりんさん、
TB&コメント返しありがとうございます。

観終わった後はやっぱりうどんが
食べたくなりますよね。
私は四国に行く機会があったら、
ついでに「うどん巡礼」してこようと
思いましたよ。w

投稿: トミー | 2006年9月12日 (火) 00時23分

こんにちは♪
コメント、TBありがとうございました。
確かにツッコミどころはいろいろとありましたね。
でも登場人物も個性があって良かったと思います。
やはり見終わった後はうどんが食べたくなります~

投稿: ゆかりん | 2006年9月12日 (火) 11時23分

ゆかりんさん、
コメント返しありがとうございます。

個性溢れるキャラクターたちが
ほんと魅力的でしたね。
スピンオフ企画もあれば観てみたいかと。


投稿: トミー | 2006年9月12日 (火) 22時42分

TB&コメントありがとうございます。
具だくさんでおなかいっぱいですが、
心地よい満腹感でした(笑
私も映画を観てから讃岐うどん食べたんですけど、
コシの強さにびっくりしました。
そういやうどんは消化に悪い、ってトータス松本が云ってたっけ。。

投稿: PINOKIO | 2006年9月14日 (木) 02時47分

PINOKIOさん、
コメントありがとうございます。

>心地よい満腹感でした(笑

同感です。
美味しい映画でした。

トータス松本は実際にかなりの
うどん好きらしいですね。
ライブ前は常にうどんを食べるのだとか。

投稿: トミー | 2006年9月15日 (金) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/3391179

この記事へのトラックバック一覧です: 四国のうどんは世界一ィィィィィ! 「UDON」:

» UDON [八ちゃんの日常空間]
邦画に疎い自分が、上野樹里ちゃんが観たいというだけで[サーマー・タイムマシン・ブルース]をUDONの公開週にレンタルしたなんて一つの奇蹟だろうか…。 [続きを読む]

受信: 2006年9月10日 (日) 22時29分

» ★「UDON」 [ひらりん的映画ブログ]
ウドンよりソバが好きなひらりん。 うーーーん、ユースケだし・・・ フジテレビくさいし・・・ っと、迷ったけど、今月あんまり映画見てないし・・・ チネチッタのポイント貯まっててタダだし・・・ ちょっと笑えそうなので、見てみることに・・・ [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 01時04分

» UDON [映画鑑賞★日記・・・]
『UDON』公開:2006/08/26(08/26)監督:本広克行製作:亀山千広出演:ユースケ・サンタマリア、小西真奈美、トータス松本、鈴木京香、升毅、片桐仁、要潤、小日向文世 ☆story☆讃岐うどんの本場、香川県でうどん職人の息子として生まれた松井香助は、ビッグになると言って....... [続きを読む]

受信: 2006年9月12日 (火) 11時12分

» UDON 見てきました。 [よしなしごと]
 うーん。どうなんだろう。だって、うどんですよ。ちょっと地味じゃないですか。でも交渉人 真下正義の本広克行監督と亀山千広そしてユースケ・サンタマリアのチームですからね。おもしろそうです。と言うわけで、UDONを見てきました。... [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 01時45分

» UDON [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
おいしそー!うどん食べたい。 面白ー!でも豪華キャストすぎて騒がしかった。 率直な感想(笑 [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 02時44分

» 「UDON」 うどんの話なのにコシがない [はらやんの映画徒然草]
讃岐うどんブームのきっかけを作った麺通団をモデルにしたお話です。 映画を観ている [続きを読む]

受信: 2006年11月 5日 (日) 18時35分

« 小畑健氏逮捕でどうなる「デスノート」 | トップページ | 羽海野先生お疲れ様でした 「ハチミツとクローバー」10巻 »