« そろそろ山崎を表紙にしてやってもいいんじゃない?と思わなくもない 「銀魂」14巻 | トップページ | 小畑健氏逮捕でどうなる「デスノート」 »

2006年9月 6日 (水)

面白さ加速中! 「スティール・ボール・ラン」9巻

大河漫画「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズのpart7である、
「スティール・ボール・ラン」9巻を読了。

スティール・ボール・ラン 9 (9) スティール・ボール・ラン 9 (9)

著者:荒木 飛呂彦
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

前巻のリンゴォ・ロードアゲイン戦が非常に濃密な
名エピソードでしたので、9巻も期待しておりましたが、
予想通り荒木飛呂彦氏のずば抜けた画力と演出力が
冴えわたる質の高い内容
となっておりました。

読者の想像を凌駕する能力者同士の超絶バトルはもちろん、
窮地に追い込まれた非力な女性であるルーシー・スティールが
いかにピンチを切り抜けるかという正統派のサスペンスが
きっちり描かれていたりする部分もポイント高いかと。

久々に再登場のマウンテン・ティムも良い味出してて
良かったですね。

ルーシーにフラレても彼女への思いを貫いてみせる彼も
「男の世界」を体現したキャラクターだなぁと。
ルーシー口説いてる時は「ロリ野郎!」とも思いましたが、
散り方がかっこよすぎなんで許す。w

ジャイロ、ジョニィともっと共闘してほしかったので、
今巻でサヨナラなのは残念ですけど。

掲載誌の移動など波瀾のあったpart7ですが、
いよいよ本格的に波に乗り、かなり面白くなってきています
今後どのように話が転がるのか続きがとても楽しみですよ。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログへ

|

« そろそろ山崎を表紙にしてやってもいいんじゃない?と思わなくもない 「銀魂」14巻 | トップページ | 小畑健氏逮捕でどうなる「デスノート」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/3347306

この記事へのトラックバック一覧です: 面白さ加速中! 「スティール・ボール・ラン」9巻:

« そろそろ山崎を表紙にしてやってもいいんじゃない?と思わなくもない 「銀魂」14巻 | トップページ | 小畑健氏逮捕でどうなる「デスノート」 »