« 四国のうどんは世界一ィィィィィ! 「UDON」 | トップページ | 悪くはないけど…… 「キングダム・オブ・ヘブン」 »

2006年9月11日 (月)

羽海野先生お疲れ様でした 「ハチミツとクローバー」10巻

「ハチミツとクローバー」10巻を読みました。

ハチミツとクローバー 10 (10) ハチミツとクローバー 10 (10)

著者:羽海野 チカ
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ハチミツとクローバー」はこの巻で完結

キャラクターそれぞれの結末は大体おさまるところに
おさまった感じでしたが、ただ一人、
花本先生は最後の最後でやってくれたなあ、と。

本心暴露シーンは、山田と同じように私もプチパニックに……。

え~~~~!

親子愛や兄妹愛だと思ってたけど、違ったんだ~。

ぼ~ぜん。

まあ、確かに圏外だと思っていたけど20代と30代、別に悪くはない。

森田とはぐちゃんはどちらも天才であるがゆえにお互いを
深い部分で理解しあえるけれども、支えあえるかというと
それはまた別って感じだし、納得の結末ではあります

大詰めの竹本とはぐちゃんの別れのシーンは
モノローグ、キャラクターの表情、コマ運び、
全てが美しい

さらに、脳内BGMで「魔法のコトバ」が流れてきて、
余計にグッときました。w

「ハチクロ」は全10巻という長いようでいて短い物語の中に、
楽しさや、みっともなさ、はかなさといった「青春」ならではの
要素がぎっしりと高密度に詰まった本当に素晴らしい作品でした。

羽海野チカ先生に、「高純度の高級ハチミツのような作品を
ありがとうございました!」、ってお礼を言いたい
です。

 

 

ところで、10巻は本編の分量が半分くらいで、
あとは「ハチクロ」番外編と読みきり短編を
それぞれ2編収録という構成。

どの短編も素晴らしいできですが、中でも最後に収録の
「星のオペラ」は白眉!馬良さんですよ、馬良さん。
(「白眉」って、三国志好き意外には意味不明なのかな?)

この作品は「ドラえもん」のひみつ道具を一つ使って作品を
描くというお題の元に作られたとのことですが、
羽海野チカ先生が選んだひみつ道具は
全アイテム中トップクラスの実用性を誇る反面、
ロマンはあまり感じさせないアイテム。

ところが、この短編は読後に心がじんわりと温まる、
すごくロマンに溢れた良いSF
になっているんですね。
「SF=すこしふしぎ」という藤子テイストを継承しつつ、
羽海野先生の作家性も感じさせる手腕が見事。

次回作でどのような物語を紡ぐのか、今からとても楽しみです。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログへ

↓当ブログ内の「ハチミツとクローバー」関連記事
最終章突入!「ハチミツとクローバー」9巻
漫画原作映画の成功作がまた一つ。 「ハチミツとクローバー」

|

« 四国のうどんは世界一ィィィィィ! 「UDON」 | トップページ | 悪くはないけど…… 「キングダム・オブ・ヘブン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/3407259

この記事へのトラックバック一覧です: 羽海野先生お疲れ様でした 「ハチミツとクローバー」10巻:

« 四国のうどんは世界一ィィィィィ! 「UDON」 | トップページ | 悪くはないけど…… 「キングダム・オブ・ヘブン」 »