« 名探偵の仕事は人を幸せにすること 「そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノート」(講談社文庫版) | トップページ | 西尾氏ならではのノベライズ 「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」 »

2006年8月 3日 (木)

テツ道ミステリーって何!? 「月館の殺人」下巻

綾辻行人原作、佐々木倫子作画の
「月館の殺人」下巻を読みました。

月館の殺人 (下) 月館の殺人 (下)

著者:綾辻 行人
販売元:小学館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上巻で鉄道ミステリーと見せかけておいて、
実は館ものというトリッキーな展開にやられました。

収集癖に取り憑かれた登場人物や
館で起こる連続殺人といった要素が実に綾辻作品らしく、
氏のファンである私はとても楽しめました。

また、佐々木倫子作品らしいとぼけた味わいも
しっかり出ていて良いですね。

テツ道を究めた鉄道オタク達の奇行が
恐ろしくもあり、おかしくもあり……。w

殺人鬼が惨劇を繰り広げる本格ミステリーでありつつ、
愛すべき鉄道マニア達が繰り広げるコメディーでもある本作。

綾辻さんと佐々木さんの個性が絶妙にマッチした
とても面白いコラボレーション
だと感じました。

もっとも、犯人とメイントリックに関しては、
あまりヒネリがなく不満ではあるのですが。

贅沢ですが、もっと漫画という媒体ならではの
トリックが見たかったなあと。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログへ にほんブログ村 本ブログへ

|

« 名探偵の仕事は人を幸せにすること 「そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノート」(講談社文庫版) | トップページ | 西尾氏ならではのノベライズ 「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/2922057

この記事へのトラックバック一覧です: テツ道ミステリーって何!? 「月館の殺人」下巻:

« 名探偵の仕事は人を幸せにすること 「そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノート」(講談社文庫版) | トップページ | 西尾氏ならではのノベライズ 「DEATH NOTE アナザーノート ロサンゼルスBB連続殺人事件」 »