« まだまだ現役アクションスター、ハリソン・フォード 「ファイヤーウォール」 | トップページ | 戦争を語りつぐ意義 「男たちの大和/YAMATO」 »

2006年8月14日 (月)

巨費を投じたバカ映画 「プロミス<無極>」

真田広之、チャン・ドンゴン、セシリア・チャン、
ニコラス・ツェーという豪華な俳優陣と
環境破壊問題で注目を集めた話題作
「プロミス<無極>」を見ました。

PROMISE <無極> プレミアムBOX PROMISE <無極> プレミアムBOX

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/08/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

事前の情報からトンデモ系の映画であるとは聞き知って
いたのですが……、

んな、アホなっ!!!
これほどバカな映画とはっ!!!

て、ツッコミが終始絶えない程、無茶な展開の連続に驚きました。

牛の大群に追われて、アラレちゃん並みの速度で走るチャン・ドンゴン。

ハリボテ感丸出しな鉄球を振り回して、某一騎当千なアクションゲームの
プレイヤーキャラクターよろしく敵兵をなぎ倒しまくる真田広之。

美川憲一の紅白のステージ衣装みたいな鎧を着て
調子乗りまくった行動を連発するニコラス・ツェー。

などなど……、

最初から最後までひたすら思わず失笑してしまうシーンのつるべ打ち。

特に終盤のニコラス・ツェーが悪に走った経緯を語るシーンでは
その理由のしょーもなさと豪快な責任転嫁ぶりに
呆れるやら、爆笑するやら。

ある意味面白いし、飽きを感じさせないのですが
作り手がギャグでやってるのかマジでやってるのか
イマイチわからないので、痛々しさが先行しています。

名匠チェン・カイコー監督、いったいどうしてしまったのと
かなり不安になってしまいました……。

俳優陣は皆良い味を出しているのですが、
ストーリーやCG技術のしょぼさがいかんともしがたく
制作費とキャストに見合った仕上がりじゃないなあ。

まあ、及川ミッチーのキャラクターを思わせる
ニコラス・ツェーの暴走ぶりなどそれなりにツボな点も多く
酷評している割には、まあまあ楽しめたんですけどね。w

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« まだまだ現役アクションスター、ハリソン・フォード 「ファイヤーウォール」 | トップページ | 戦争を語りつぐ意義 「男たちの大和/YAMATO」 »

コメント

( ̄m ̄* )フフッ♪
今、これをDVDで見てます。。。
最初、これってお笑い?って思いました~

ほんとトミーさんの言うとおり!
牛の大群の中での走り。。。

もうすぐ終わりそうなんだけど・・・ほんと痛々しい映画(DVD)です。
映画で見なくて良かった~♪

投稿: うさぎ | 2006年8月25日 (金) 02時00分

うさぎさん、
コメントありがとうございます。

見てしましたか…。w

痛々しいですよねえ。
確かにDVDなら笑って許せますが、
映画館で見ると腹が立ちそうです。

投稿: トミー | 2006年8月27日 (日) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/3062252

この記事へのトラックバック一覧です: 巨費を投じたバカ映画 「プロミス<無極>」:

» 映画好きの徒然なる日々 [映画好きの徒然なる日々]
今まで見た映画やレンタルのちょっと辛口?な、勝手な感想を聞いてやってください。 価値観や環境が違っていても、映画を通じて多くの人と共感しあえたらと思います。 よかったら、みなさんの感想も書き込んでいってください〜。 [続きを読む]

受信: 2006年8月15日 (火) 00時06分

« まだまだ現役アクションスター、ハリソン・フォード 「ファイヤーウォール」 | トップページ | 戦争を語りつぐ意義 「男たちの大和/YAMATO」 »