« 娯楽映画の宝石箱 「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」 | トップページ | 「新訳」三部作完結! 「機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-」 »

2006年8月29日 (火)

「報復」の先に待つもの 「ミュンヘン」

スティーブン・スピルバーグ監督の社会派映画、
「ミュンヘン」を見ました。

ミュンヘン スペシャル・エディション ミュンヘン スペシャル・エディション

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/08/18
Amazon.co.jpで詳細を確認する

本作は1972年ミュンヘン五輪時にパレスチナ過激派が起こした
イスラエル選手団襲撃事件と、その報復としてイスラエルの
諜報機関が行った事件首謀者暗殺計画を題材にした作品です。

暗殺チームのリーダーを任された主人公アブナーの視点を通して
お互いの信じる正義と信念のために非戦闘員を巻き込んで続く
不毛な報復合戦
が描かれています。

暗殺リストに記載されたターゲットを始末していくと、
ある時点から逆にパレスチナ側の暗殺ターゲットに入り、
命を狙われる立場になっているという皮肉や
暗殺の手段を知ってしまっているが故に、
暗殺を恐れてベッドの上で眠れなくなる恐怖感など、
「報復に報復で返すこと」のむなしさが巧みに表現されており、
胸が苦しくなりました

また、イスラエルの暗殺チームとパレスチナ過激派のどちらも
本来は家庭を愛し、音楽を楽しむ血の通った人間であることを
伝える演出が事態の深刻さ、問題の根深さを浮き彫りにしています。

そして、ラストシーンでアブナーが言うセリフが、
“There’s no peace at the end of this, no mater what you believe.
You know this is true.”
「こんなことの先に平和はない それが真実だ」

その後、背景にさりげなく映るワールド・トレードセンター。

扱っている事件が過去のものではあるものの、
現在もなんら情勢が変わっておらず、
報復の応酬に先がないことがわかっていながら
現在も延々と同じことが繰り返されている。

今後、映画は何度同じ問題提起を繰り返していかなければ
ならないのでしょうか。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 娯楽映画の宝石箱 「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」 | トップページ | 「新訳」三部作完結! 「機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-」 »

コメント

こんにちは!「UNITED93」へのコメント
有難うございました。
そしてどの記事にコメントを?
と思って読ませて頂いているうちに、
「ミュンヘン」に辿り着きました。

この映画もUNITED同様ずっしり胸にのしかかって
来る様な、強烈なインパクトを残しました。
殺し合いの先には何も残らない!
どの映画も同じメッセージが残る気がします。
にしてももうDVDになったのですか~、、、、
月日はホントに早いですね。。。。(-_-;)
こちらにもTBさせて頂きました。

またお邪魔させて頂きます~(^0^)

投稿: cremama | 2006年9月14日 (木) 12時01分

cremamaさん、
「ミュンヘン」にも、TB&コメントをいただき
ありがとうございます。

>殺し合いの先には何も残らない!

誰もが本当は気づいているはずのことなんですけど、
実際には戦争がなくならない現実があるわけで。
このようなメッセージを伝える映画が不要になる
時代を作っていかなければならないですね。

投稿: トミー | 2006年9月15日 (金) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/3240831

この記事へのトラックバック一覧です: 「報復」の先に待つもの 「ミュンヘン」:

» ■〔映画鑑賞メモVol.9〕『ミュンヘン』(2005/スティーヴン・スピルバーグ) [太陽がくれた季節]
~「第20回冬季トリノ五輪開催記念」(^^)あれこれ―その2:ああ、ミュン篇(^^) →その1:ああ、トリノ五輪篇~僕のメダル獲得予想は「金3、銀3、銅4」は、こちら! →その3:ああ、名古屋篇~ストーンズ「名古屋公演」行くか行くまいか...は、こちら! おはようございます、ダーリン/Oh-Wellです! さて、2月12日の朝を迎えました。東京は穏やかな晴天です!! 私め、友人に誘われたこともあり、今週中に『ミュンヘン(2005/スティーヴン・スピルバーグ)』〔>1:IMD... [続きを読む]

受信: 2006年8月29日 (火) 20時51分

» 映画「ミュンヘン」 [渋谷でママ気mama徒然日記]
監督:スティーヴン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、ジェフリー・ラッシュ マチュー・カソヴィッツ 公式サイト ママの評価☆☆☆☆★(☆4つ) 昨日やっとやっと観て来ました。早く観たかったんですよね。 凄い話題だったし、、、、 「ト....... [続きを読む]

受信: 2006年9月14日 (木) 11時51分

« 娯楽映画の宝石箱 「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」 | トップページ | 「新訳」三部作完結! 「機動戦士ZガンダムⅢ -星の鼓動は愛-」 »