« とにかくスタイリッシュ! 「シン・シティ」 | トップページ | 名探偵の仕事は人を幸せにすること 「そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノート」(講談社文庫版) »

2006年7月30日 (日)

漫画原作映画の成功作がまた一つ。 「ハチミツとクローバー」

人気少女マンガ原作の青春映画、
「ハチミツとクローバー」(略称、ハチクロ)を
見てきました。

ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~ ハチミツとクローバー ~恋に落ちた瞬間~

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/07/14
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↑※ 公開直前スペシャルDVDです。

まず、言っておくと映画版「ハチクロ」は
登場人物の性格やストーリー展開に
かなりアレンジが加えられています

そのため、原作ファンの中には原作との違いに戸惑い、
拒否反応を示す人も少なからず存在すると思われます。

かくいう私も登場人物の性格の違い
(特に森田・真山・山田の3人)が気になって
最初は映画に集中できませんでした

ただ、片思いという感情の微笑ましさや切なさ、
残酷さといった「ハチクロ」の本質は
映画版でもしっかりと表現されており、
映画を見終わった後に抱いた感情は
原作の読後感と同質
のものでした。

演出や俳優陣の演技によって、登場人物の恋愛や芸術への
思いの深さが丁寧に表現されており、
中盤からは設定上の差異が気にならなくなりました

本作は原作の本質を上手く抜き出して再構成し、
映画に変換することに成功した作品
と言えます。

なお、俳優陣はみな好演していますが、
蒼井優の存在感は格別

本来、漫画だからこそ表現可能な透明感を持ったヒロインを
生身で表現しきった
点は映画に絶大な力を与えていました。

また、スピッツが歌う主題歌「魔法のコトバ」も、
青春時代の甘酸っぱさを思い起こさせる
ノスタルジックな雰囲気が上手く表現されており、
「ハチクロ」にとても合っていました

ただ、「魔法のコトバ」が名曲すぎて、
スガシカオが提供した「アオゾラペダル」の
存在感が薄れてしまったようにも……。

スガシカオは「デスノート」の時も
提供した曲が目立っていませんでしたが、
めげずに頑張ってほしいですね。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« とにかくスタイリッシュ! 「シン・シティ」 | トップページ | 名探偵の仕事は人を幸せにすること 「そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノート」(講談社文庫版) »

コメント

初めまして。

蒼井優は素晴らしかったですね。
また、関めぐみの切なく訴える目もとても良かったと思います。
ついでに、西田尚美も素晴らしかった。(笑)
わたし、彼女の大ファンなもので・・・。

もう一度見たい映画です。
 

投稿: kiosk | 2006年7月30日 (日) 22時02分

kioskさん、
TB&コメント返しありがとうございます。

私も関めぐみの目に魅力を感じました。
今後の成長が楽しみな女優ですね。
関めぐみが出ている「笑う大天使」も
見てみたくなりました。w

投稿: トミー | 2006年7月31日 (月) 23時14分

こんにちは。私も観ました。
青春というのは本当にかっこ悪く、でもすごく輝いてると
心から思える映画でした。原作ももちろん好きですが
映画オリジナルの内容もいいですね。
かつて青春時代をすごした方たちに
ぜひ観て欲しいです。

投稿: のりっぺ | 2006年8月 1日 (火) 16時17分

のりっぺさん、
コメントありがとうございます。

青春時代の終焉の切ない感情が伝わる映画だけに
20代後半以上の観客は特に共感できそうですね。
過去を振り返るというと若干ネガティブに
聞こえる面がありますが、本作は観客に
過去を振り返る機会を与えることで、
前向きに生きていこうと思わせる魅力を持った
映画のように思います。

ぜひ幅広い層に見てもらいたいですね。

投稿: トミー | 2006年8月 2日 (水) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/2865701

この記事へのトラックバック一覧です: 漫画原作映画の成功作がまた一つ。 「ハチミツとクローバー」:

» ハチミツとクローバー [青空侍のシネマ徒然日記]
 とても良い青春映画ができあがりました。みんなにお薦めしたい作品です。  内容についてはここで説明するまでもなく、大人気コミック「ハチミツとクローバー」そのものなのです。しかし、私、実は原作を見ていま... [続きを読む]

受信: 2006年7月30日 (日) 21時58分

» 【衝動レビュー】いまさらデスノート大人買い [SHODO(衝動)]
もう既に今さらっちゅー感じですが。 デスノート大人買いしてみました(´д`鐓�)鐓�... [続きを読む]

受信: 2006年7月31日 (月) 09時13分

» 映画ハチクロ  感想 [小娘日記]
遂に映画版「ハチミツとクローバー」が見に行きました。 最近は、専らCS放送かレンタルだったので、 映画館が数年ぶり{/eq_2/} あの、ザワザワ感と ポップコーンの香ばしい匂いに包まれて 「あ〜映画館ってやっぱいいなぁ」 なんて思ったり。 本編前の予告で、既に泣きそうになったりしながら ハチクロが始まります。 以下、ネタばれ含みますので、未見の方はあしからず・・。 原作とは、ちょっと違うとこ�... [続きを読む]

受信: 2006年7月31日 (月) 15時55分

» 【劇場鑑賞74】ハチミツとクローバー(honey and clover) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人が恋に落ちる瞬間をはじめて見てしまった 僕は、この日のこと、この日から始まったことの全てを忘れ決して忘れないだろ う 僕は、自分が彼女のために出来ることの少なさ、小ささに、愕然としていた 僕が彼女のために出来ること・・・ ... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 16時26分

» 人気ブログランキング アクセスアップ ブロラン [人気ブログランキング アクセスアップ ブロラン]
トラックバック失礼しま〜す。 アクセスアップにも役立ちますので、是非遊びに来てくださいね。 [続きを読む]

受信: 2006年8月14日 (月) 18時47分

« とにかくスタイリッシュ! 「シン・シティ」 | トップページ | 名探偵の仕事は人を幸せにすること 「そして五人がいなくなる 名探偵夢水清志郎事件ノート」(講談社文庫版) »