« 5周年のUSJに行ってきました。 | トップページ | 鋼、改め裸の錬金術師!? 「鋼の錬金術師」14巻 »

2006年7月22日 (土)

爽やかな佳作「フライ,ダディ,フライ」

「フライ,ダディ,フライ」は堤真一演じる
中年サラリーマンの鈴木さんが
娘を殴った政治家のバカ息子に復讐するため、
岡田准一演じる高校生スンシンにケンカを
教えてもらうという映画です。

フライ,ダディ,フライ フライ,ダディ,フライ

販売元:東映
発売日:2005/12/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

復讐とは言っても、「人間・失格」の赤井英和や
「マイ・ボディガード」のデンゼル・ワシントンの
ような過激さとは無縁で血なまぐささは一切ありません。

バカ息子との対決は正々堂々とした決闘として
表現されています。

決闘に至るまでの鈴木さんの
成長がスポーツ映画の文法に則って描かれているので、
とても爽やかな印象の映画となっています。

格闘技の練習よりも走りこみによる基礎体力作りに
時間を割いて鈴木さんの特訓を表現した点が
爽やかさを上手く際立たせる演出として上手い。

家族の愛と自分自身の誇りを取り戻すために
ひたすら走り続ける鈴木さんの姿に共感を覚えました

また、孤高さと気高さを感じさせる岡田准一の
好演もこの映画を面白くしています。

鈴木さんとスンシンの友情が深まっていく過程を
わずかな表情の変化等で魅せる堤真一と
岡田准一の演技力は流石
ですね。

全体としては上手くまとまった好感の持てる映画
仕上がっていたと思います。

ただ、導入部のモノクロシーンが長すぎる点は
いただけません

鈴木さんの冴えない心象風景をモノクロで
表現しようという意図が見えるものの、
本編と異なる重苦しくシリアスなトーンの
場面が長々と続くのはどうかと。

モノクロという手法に頼らなくても、
鈴木さんの心情を表現することは可能なはずだし、
画面が暗くて見にくいなど、メリットよりも
デメリットの方が目立っている
ように感じました。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 5周年のUSJに行ってきました。 | トップページ | 鋼、改め裸の錬金術師!? 「鋼の錬金術師」14巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/2756702

この記事へのトラックバック一覧です: 爽やかな佳作「フライ,ダディ,フライ」:

» フライ,ダディ,フライ [Brighter Day ☆☆☆]
今日は、映画『フライ,ダディ,フライ』(HP)を見ました。。 『大切なものをとりもどす、最高の夏休み!』 この作品は2年くらい前に原作を読んでいて、読んだときすごく面白いと思った作品でした。映画は見るつもり無かったけど、新作が半額だったので借りてみました。原作が面白かった記憶が残ってるのでダメでした・・・途中眠くなった。。(内容は・・・まだレンタル屋さんで新作なので、詳しくは書きません。。)... [続きを読む]

受信: 2006年7月23日 (日) 13時08分

» 『フライ,ダディ,フライ』 [京の昼寝〜♪]
「大切なものを守りたいんだろ、おっさん」 ■監督 成島 出■原作・脚本 金城一紀■キャスト 堤 真一、岡田准一、松尾敏伸、須藤元気、星井七瀬、愛華みれ、塩見三省、田口浩正、徳井 優、温水洋一、モロ師岡 絵に描いたような円満な家庭で幸せな生活を送っている鈴木一(堤 真一)。 そんな鈴木の生活が、ある日、あまりにも突然にガタガタと崩れ去った。 愛娘・遥(星井七瀬)が殴られて入院したのだ。 病院に�... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 01時01分

» good!:『FLY,DADDY,FLY』 [この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!]
この作品はDVDを見る前に流れる映画紹介で、ある程度 あらすじを知っていました。 『結構面白そうだな~』って言うのが第一印象。 過度に期待しすぎても良くないけど... 結構楽しみにしていました。#63893; 結論は『good』というところでしょうか。#63733..... [続きを読む]

受信: 2006年9月 6日 (水) 06時11分

« 5周年のUSJに行ってきました。 | トップページ | 鋼、改め裸の錬金術師!? 「鋼の錬金術師」14巻 »