« 鋼、改め裸の錬金術師!? 「鋼の錬金術師」14巻 | トップページ | とにかくスタイリッシュ! 「シン・シティ」 »

2006年7月27日 (木)

「踊る大捜査線」の良さが感じられない作品 「容疑者 室井慎次」

「踊る大捜査線」のスピンオフ企画第2弾、
「容疑者 室井慎次」を見ました。

容疑者 室井慎次 容疑者 室井慎次

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/04/19
Amazon.co.jpで詳細を確認する

室井慎次は「踊る大捜査線」の中でも特に好きな
登場人物なので、期待していたのですが、
残念ながら私は本作を楽しむことができませんでした

本作が骨太な社会派サスペンスという新境地に挑戦した
意欲作であることは端々から感じられたのですが、
法廷闘争の緊張感や、組織間の対立が生む人間ドラマを、
作り手が上手く表現しきれていないという印象を受けました。

まず、シリアスさを表現するために「踊る大捜査線」特有の
テンポの良い演出やセンスの良い笑いを控えめにした割に、
警察幹部の会議が暗闇の中で行われる演出や、
八嶋智人演じる悪徳弁護士の誇張されたキャラクターなど、
作品のトーンを決定付ける肝心な部分で
従来の劇場版を踏襲した漫画的な
見せ方をした点が失敗
であったように思います。

誇張した演出はエンターテインメント色の強い
従来の作風であれば活きるものの、重厚な人間ドラマを
前面に押し出そうとした本作ではむしろ、
逆効果であったと言えるでしょう。

特に冒頭の刑事が集団で容疑者を取り囲む取調べシーンや、
建築物の内装が一様に奇妙なデザインである点などは
本作が作り物の世界であることを殊更に
強調しすぎているように感じました。

また、本作は登場人物の会話によって物語が進む構造で
あるにもかかわらず、会話シーンの見せ方が、
ただ役者の顔を映し続けるだけの退屈な演出になっています。

そのため、室井が大学時代の悲恋を語るシーンなどを
あまり活かしきていません。

悪徳弁護士VS.正義派弁護士という図式でありながら、
最後の逆転劇が悪徳弁護士がとってつけたような
失言をして自滅するという展開
であることも
納得がいきませんでした。

庶民派弁護士自身の努力と機転によってもたらされる
勝利ではないため、これまでのストレスを一気に発散させ
爽快さを感じさせるクライマックスとして成立していません。

脚本及び監督の君塚良一はスリルや笑いを散りばめた
エンターテインメント性で見る者を楽しませつつ、
最後には「組織論」や「若年層の犯罪」という深いテーマに
導くことが上手な作家だと思っているのですが、
本作ではテーマが前面に出すぎており、
精彩を欠いた仕上がりになっていると感じます。

柳葉敏郎や筧利夫、柄本明など俳優陣の演技は
素晴らしいだけに非常に残念でした。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 鋼、改め裸の錬金術師!? 「鋼の錬金術師」14巻 | トップページ | とにかくスタイリッシュ! 「シン・シティ」 »

コメント

初めてお便りします.
東村山在住のゴーシュと申します.
偶然,貴サイトと出会いましたが,踏み込んだ感じの
語り口に思わずひと息に読んでしまいました!
小生はこの作品をまだ見ていませんが,何となく
目に浮かぶような気がします.
少しずつ,読ませていただきます.
本日はご挨拶まで.

投稿: ゴーシュ | 2006年7月27日 (木) 23時42分

はじめまして。

ラスト近くの逆転劇での灰島にはがっかりしました。
今までの完璧さはいずこへと言った具合に簡単に負けてしまうのは悪徳弁護士とはいえませんし、なんだか簡単に逆転してしまい、作品の重厚感やテーマ性がこのシーンで損なわれたような気がしました。このシーンは描き方によっては物凄く深いシーンになったと思うので残念です。


投稿: rain | 2006年7月29日 (土) 00時15分

>ゴーシュさん、コメント
 ありがとうございます。

 拙文に対して過ぎたコメントをいただき、
 少々、恥ずかしいです。w

 どうもありがとうございました。

>rainさん、TB&コメントありがとうございます。

最後の逆転劇がまだしっかりしていれば、
 私の中でも評価は多少変わっていたと
 思うのですが……。

 練りこみ不足な点が多く見受けられ、
 私としては非常に残念な作品でした。

投稿: トミー | 2006年7月30日 (日) 21時30分

トミーさん、おはようございます。

室井さんの過去の話が、あまり伏線として絡んでこなかったりしていて、ストーリーラインとして見にくい映画でありました。
キャリアのキャラも多くみんな制服なので、この方は警視庁だっけ?警察庁だっけ?と一瞬わからなくなるところもありました。

同じココログ同士でもTBうまくいかないことありますよねー。
なんでだろう?

投稿: はらやん | 2007年3月18日 (日) 06時15分

はらやんさん、こんばんは。

警視庁か警察庁かわからなくなることは
私もよくありましたよ。
二つの勢力が似て非なるモノで、
所属の違いが重要な点であるだけに
この違いがわかりにくいことが、
かなり物語をわかりにくくしていたように
感じます。

ココログは、なぜか同じココログへのTBが
一番相性が悪いように感じますね。
ホント、なんでなんでしょうか?

投稿: トミー | 2007年3月18日 (日) 22時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/2830677

この記事へのトラックバック一覧です: 「踊る大捜査線」の良さが感じられない作品 「容疑者 室井慎次」:

» 『容疑者 室井慎次』   室井は優秀な警察官か? [enjoy! MOVIE☆LIFE]
ポニーキャニオン 容疑者 室井慎次 ? 出演■柳葉敏郎、筧利夫、真矢みき、佐野史郎、田中麗奈、哀川翔  他・・・ 監督■君塚良一 踊る大捜査線スピンオフ企画第2弾 この作品は今まででの踊る大捜査線とは違った作風に感じます... [続きを読む]

受信: 2006年7月29日 (土) 00時18分

» 「容疑者 室井慎次」 勇気はひとりの人間に一度しか与えられない [はらやんの映画徒然草]
ご存知「踊る大捜査線」のスピンアウトです。 テレビシリーズで重要な脇役の一人であ [続きを読む]

受信: 2007年3月17日 (土) 19時51分

« 鋼、改め裸の錬金術師!? 「鋼の錬金術師」14巻 | トップページ | とにかくスタイリッシュ! 「シン・シティ」 »