« 数学嫌いにもおすすめ! 「博士の愛した数式」 | トップページ | 最終章突入!「ハチミツとクローバー」9巻 »

2006年7月13日 (木)

第1作も映画化決定!「天使と悪魔」

「ダ・ヴィンチ・コード」の前作にあたる小説、
「天使と悪魔」を読み終えました。

天使と悪魔 (上) 天使と悪魔 (上)

著者:ダン・ブラウン
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

「ダ・ヴィンチ・コード」よりも冒険小説色が強く、
私としてはこちらの方が面白かった
です。

コンクラーベ(教皇選挙)の裏で進行する恐るべき陰謀に
宗教学者のロバート・ラングドンが立ち向かうというストーリー。

現代に蘇った秘密結社や核以上の破壊力を有する
脅威の新発明「反物質」といった小道具の
ハッタリが効いたストーリー展開に引き込まれました。

宗教と科学の根深い対立というテーマや、
黒幕が犯罪を犯す動機が「ダ・ヴィンチ・コード」より
理解しやすい点も面白く感じた要因かと。

ところで、本作のロバート・ラングドンは
ジェームス・ボンドやジャック・バウアーも
かくやという肉体派の大活躍
を繰り広げます。

それは死ぬでしょ!な局面をご都合主義と言ってもいい
強運で切り抜けていくあたりがハリウッド映画的。

「天使と悪魔」も映画化が決定しましたが、
「ダ・ヴィンチ・コード」よりは、原作読者が納得できる
映画に仕上げやすいように思えました。

アクション連発の「天使と悪魔」をトム・ハンクスは
続投するのか、ヴィットリアやカルロといった魅力的な
登場人物を誰が演じるのか興味は尽きないですね。

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 本ブログへ

|

« 数学嫌いにもおすすめ! 「博士の愛した数式」 | トップページ | 最終章突入!「ハチミツとクローバー」9巻 »

コメント

こんにちはー。TBさせて下さい。私も「ダ・ヴィンチ・コード」でダン・ブラウンの著書にハマリました。「パズル・パレス」「デセプション・ポイント」も面白かったです。この人の話はスピード感のあるサスペンスなので映画化できそうなものばかりですね。これもどう映画化されるのかが楽しみです。

投稿: ぶーすか | 2006年10月15日 (日) 08時02分

こんにちは、ぶーすかさん、
TB&コメントありがとうございました。

『パズル・パレス』『デセプション・ポイント』も
面白そうなので、読んでみたいと思っています。
ダン・ブラウンは作品が映画化される作家の
新定番と言える存在になりそうですね。
『天使と悪魔』、どのような映画になるのか
かなり楽しみです。

投稿: トミー | 2006年10月15日 (日) 16時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/2644115

この記事へのトラックバック一覧です: 第1作も映画化決定!「天使と悪魔」:

» 天使と悪魔 ダン・ブラウン著 [ぶーすかヘッドルーム・ブログ版]
「ダ・ヴィンチ・コード」に続きロバート・ラングドンのシリーズ第1弾 「天使と悪魔」を読む。 話はセレンというスイスにある研究機関の物理学者が残殺され、その胸には「イルミナティ」という組織の犯行を臭わす焼き印が押されていた。イルミナティは17世紀にガリレオが創設し、その後は反キリスト教の科学者結社として暗躍していた古い秘密結社。その研究をしているラングドンは事件解明の手助けの要請を受け、スイスのセレンへ飛ぶ。しかし殺された学者は「反物質」という世界的な大発見をしていて、それが盗まれていたことが発覚... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 07時58分

« 数学嫌いにもおすすめ! 「博士の愛した数式」 | トップページ | 最終章突入!「ハチミツとクローバー」9巻 »