« 爽やかな佳作「フライ,ダディ,フライ」 | トップページ | 「踊る大捜査線」の良さが感じられない作品 「容疑者 室井慎次」 »

2006年7月24日 (月)

鋼、改め裸の錬金術師!? 「鋼の錬金術師」14巻

「鋼の錬金術師」14巻を読みました。

鋼の錬金術師(14) 鋼の錬金術師(14)

著者:荒川 弘
販売元:スクウェア・エニックス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

14巻はリン・ヤオに転機が訪れる以外は
大きな事件が起きない小休止の回でした。

なので、久々に本編でもギャグが楽しめる巻と
なっています。

メイ・チャンのエド幻想崩壊シーンと
「FULL CH○N ALCHEMIST」が笑えました。

また、おまけの短編も久々に登場。

幼少時代のエルリック兄弟を描いたこの短編は、
素直にいい話と感じるエピソードです。

アルに母の愛情を独占されたように感じて
拗ねているエドをさとすホーエンハイムが
理想の父親であり夫という感じで良い
ですね。

ただ、現実の事件を思えば全ての母親が子供への
変わらぬ愛情を持ち続けるというわけでもないようで、
ホーエンハイムがエドに語るセリフには
深く考えさせられました

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 漫画ブログへ

|

« 爽やかな佳作「フライ,ダディ,フライ」 | トップページ | 「踊る大捜査線」の良さが感じられない作品 「容疑者 室井慎次」 »

コメント

初めまして

どえらえもん、といいます。

ココログの検索で遊んでたらこちらにたどりつきました。

毎日毎晩いろんなBlogサイトを拝見させていただいてますが

どれも私の知らない世界ばかりで、

いかに自分が世の中を知らないかを

痛感させられます。

こちらのサイトもとても興味深いです。

いつも、でたらめな妖怪人間を相手にしている自分とは大違いです。

どうもお邪魔しました (^^)

投稿: どえらえもん | 2006年7月24日 (月) 21時19分

どえらえもんさん、
コメントありがとうございます。

「妖怪人間」に興味を惹かれて、
私もどえらえもんさんのブログを
拝見させていただきました。

不動産にまつわるタメになる話が多く、
とても興味深かったです。

投稿: トミー | 2006年7月25日 (火) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/2776009

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼、改め裸の錬金術師!? 「鋼の錬金術師」14巻:

» 鋼の錬金術師    14巻 [                †DIARY†  ]
新刊ですがなんだかすごいことになっておりますリンがグリードになるとこまでは読んでたんですがでもすごい展開だなーと思いつつもなんか傍観者的な立場で読んでました一時期ほど熱くなれないのはちょっと悲しいかなぁまぁ今回は戦闘シーンが多くて話が進んでいるようで進...... [続きを読む]

受信: 2006年7月30日 (日) 23時11分

« 爽やかな佳作「フライ,ダディ,フライ」 | トップページ | 「踊る大捜査線」の良さが感じられない作品 「容疑者 室井慎次」 »