« 小説読了「ダ・ヴィンチ・コード」 | トップページ | 2005年度最高傑作「ALWAYS 三丁目の夕日」 »

2006年6月18日 (日)

原作ファンも結末は予測不可能!「デスノート前編」

映画「デスノート前編」を見てきました。

ストーリーや設定の変更が
原作の良さを壊していないか?

という不安を原作ファンである私は感じていたのですが、
その心配は杞憂でした。

映画向きにキャラクター設定やストーリー展開を
アレンジしているものの、原作の持つテーマ性や
キャラクターの魅力は損なわなれていません

原作1~3巻の流れにそって話が進んでいきつつ、
映画オリジナルのヒロインの存在と、
とあるキャラクターの原作とは異なる行動によって
原作既読の観客にも「予測不可能」な
クライマックスへと導かれる展開は見事
の一言。

しかも、このクライマックスに至る理由が
原作の「デスノート」使用ルールに
則ったものであることも上手い。

原作ファンも原作未読のファンも楽しめる
極上のエンターテインメントとして仕上がっています。

原作ファンも予測がつかない後編、
非常に楽しみです。

 

 

 

ただ、スガシカオの挿入歌使用タイミングは不満。

効果的に流せる場面が他にもあったと思いますし、
曲を切るタイミングもブツ切り同然。

曲が流れることによる演出効果をもっと考えてほしかった。

↓原作はこちら

Death note (11) Death note (11)

著者:大場 つぐみ,小畑 健
販売元:集英社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 小説読了「ダ・ヴィンチ・コード」 | トップページ | 2005年度最高傑作「ALWAYS 三丁目の夕日」 »

コメント

初めまして~コメントありがとうございます。
うん、とってもおもしろかったですね。
息子より早く見たので優越感です♪
私もネットカフェに行ってから
原作を読んでこようかなと思っています。

後編たのしみですよね~

投稿: うさぎ | 2006年6月18日 (日) 20時47分

うさぎさん。
コメント返しありがとうございます。

原作もとても面白いので、
是非、読んでみてください。

私も後編今から待ちきれないです。

投稿: トミー | 2006年6月22日 (木) 00時42分

ブログへのコメントありがとうございました。

色々と原作とは違う部分もありますが、そのオリジナル部分をうまくまとめてますね。
最後のあの展開はデスノートの設定を生かして予測を覆してきてますから。
「予測不可能」っていう原作のドキドキ感が見事に再現されてますね。
スガシカオの挿入歌、どこで流れたのかも気づきませんでした(^^;
せっかくの詩織のテーマソングですから、もっと印象的な使い方をしてもいいような気がしますね。

投稿: Range | 2006年6月23日 (金) 07時19分

こんにちは。先日はコメントありがとうございました♪
確かに最後はあんなことになったとは…!本当に自分も予測できなかったです。
原作を読み尽くした自分ですらあれだけハラハラしたのですから、初めて見る人にはお勧めですね。

投稿: サヴァイヴ | 2006年6月24日 (土) 10時24分

こんにちわ。
TB&コメントありがとうございます。
原作のファンだとどうしても アレが違うコレが違う
と云いたくなってしまいますが
今回の映画はその違う部分も面白さになってました。
後編がどういう終わり方をするのかも、楽しみですね!

投稿: PINOKIO | 2006年6月24日 (土) 12時56分

>Rangeさん。
 コメントありがとうございます。
 
 スガシカオの曲は最初のほうの美術館の
 シーンで流れていたと思います。
 あまり曲を流す必然性のない場面だったので、
 印象に残りにくいですね。

>サヴァイブさん。
 コメントありがとうございます。

 デスノートのルール説明とか、
 上手くまとめられていて、
 原作未読の人にも親切な作りに
 なっている点も良いですね。

 確かに原作未読だと、本作の頭脳戦は
 より刺激的に映ると思います。

>PINOKIOさん。
 TB&コメント返しありがとうございます。
 
 人気漫画が原作の実写映画で、
 原作ファンの高い支持を得ることは
 難しいのですが、本作はその高いハードルを
 見事超えることに成功していますね。

 後編、原作との違いをどう活かしてくるかも
 楽しみです。

投稿: トミー | 2006年6月24日 (土) 15時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/2266075

この記事へのトラックバック一覧です: 原作ファンも結末は予測不可能!「デスノート前編」:

» DEATH NOTE 前編 [ちわわぱらだいす]
見てきました~♪(o=゜▽゜)人(゜▽゜=o)♪ルンルン♪ 今日も予習なしで。 宣伝でおもしろそうだったからどうしても今日見たかったの。 んで、瑠璃さん連れて行きました~#63899; すっごくおもしろかったです#63889; なんと映画館満員でした。うさぎかなり映画見..... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 01時58分

» 良い子のみんなはコクヨノートで。 [Stylish jam - Blog]
なんだかワールドカップ大会で盛り上がりすぎると、 それしか記事を書かなくなってしまいそうなので、映画の話題でも。 いつもココで映画のことを書く時は、昔に見た作品だったり、 最近DVDで見た作品だったり、ってケースが多かったりするのだけど、 今回はこれから劇場公開される映画について書こうか、と。 勿論、見に行きたいと思ってる作品ばかりなんだけれど。 公開前だから何書いたってネタバレにはならないだろうし・・・(笑)。 近所に無いし、そう頻繁には劇場に足を運べないんだけどね(汗)... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 05時26分

» EXTRA:ついに公開! [!? びっくり&はてな]
 昨日ついに、映画「DEATH NOTE(デスノート )」が公開された。大のお気に入りのマンガ が原作で、コミックスのほうは、すでに1700万部を売り上げているという。 ? 大場 つぐみ, 小畑 健 DEATH NOTE (1) ? ?  6月の前編に続き、10月に後... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 08時18分

» DEATH NOTE デスノート 前編 [映画鑑賞★日記・・・]
『DEATH NOTE』公開:2006/06/17(06/17)監督:金子修介原作:大場つぐみ    『DEATH NOTE』(集英社刊『週刊少年ジャンプ』連載)    小畑健 (作画)出演: 藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、津川雅彦、藤村俊二、鹿賀丈史 名門・東....... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 11時54分

» DEATH NOTE /デスノート(前編) [Rohi-ta_site.com]
映画館で、出演:藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/満島ひかり/五大路子/津川雅彦/藤村俊二/鹿賀丈史/原作:大場つぐみ/小畑 健/脚本:大石哲也/監督:金子修介/作品『DEATH NOTE/デスノート(前編)』を観ました。 ●感想  ・原作コミックが大人気で、主役を務める藤原竜也くんの演技とCGでの死神・デュークの出来映えが気になり初日の2回目の上映を観て参りました。  ・いや〜、それにしてもこの作品は原作が大人気なだけあって、みんなの期待度が高いで..... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 15時30分

» 映画「DEATH NOTE デスノート」前編 [いもロックフェスティバル]
映画『DEATH NOTE デスノート』の試写会に行った。 ものすごく興味深く [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 15時34分

» 【デスノート 前編】を見た [mise-en-scene / 舞台裏]
『デスノート 前編』 =========あらすじ========== 名前を書かれた人間は死ぬノート・・・デスノート 死神リュークが落としたデスノートを手に入れた、秀才高校生の夜神月(やがみらいと)。自分の行為を正義と信じる彼は、犯罪者のいない理想の新世界の創造主となるこ..... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 22時09分

» 日替ランチ371 [★★★劇団★セブン★★★ Crazy Daily Blog]
万年平男です。 DEATH NOTEってご存知ですか? 原作は少年ジャンプの超ヒットマンガなんですが、こんど実写映画化されるんですよね。 平男も原作は全話読みましたが、主人公とライバルとの”相手の一手先を読んだ巧妙な罠の掛け合い”がかなり面白く描かれており、作品全体を盛り上げていてめちゃくちゃ面白い。 映画の制作サイドも中途半端は済まされないと理解はしているでしょうから、どんな映画に仕上がっているのか嫌でも期待が高まりますよね。 映画化にだけ驚いてちゃいけませんね。 この映画の主題曲... [続きを読む]

受信: 2006年6月19日 (月) 01時56分

» ■DEATH NOTE/デスノート (前編) [ルーピーQの活動日記]
そのノートは人の死を操ることのできる“死のノート”だった。退屈な死神・リュークが人間界にノートを落とし、エリート大学生・夜神月(藤原竜也)が「デスノート」を手にした時から運命の歯車は回り始める。「デスノート」によって犯罪者たちを次々と裁いていく月は、い..... [続きを読む]

受信: 2006年6月19日 (月) 23時16分

» デス・ノート 2006-33 [観たよ〜ん〜]
「デス・ノート」を観てきました〜♪ 大学生の夜神月【ヤガミ・ライト】(藤原竜也)は、或る日1冊のノート”デス・ノート”を拾う。デス・ノートには「このノートに名前を書かれた者は死ぬ」と書かれてあった。面白半分にテレビに映った凶悪犯の名を書き込んだ月、翌日の新聞でその凶悪犯が変死した事をしる・・・... [続きを読む]

受信: 2006年6月21日 (水) 06時56分

» DEATH NOTE デスノート 前編 [いつかのダイアリー]
監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、その他 名門大学に通うエリート大学生・夜神月(やがみライト)。ある日、彼は偶然一冊のノートを拾う。そこには、こう記されていた。 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と。 "デスノート"...... [続きを読む]

受信: 2006年6月22日 (木) 12時20分

» 美空ナオミ、完全な悪役でしたな。 [Le mouvement premier]
映画『デスノート』見に行きましたよ♪ 日曜日、昼から雨はぜんぜん降っていなかった [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 11時00分

» DEATH NOTE デスノート 前編 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
丸の内ピカデリーで「DEATH NOTE デスノート 前編」を見てきました。 「週刊少年ジャンプ」で連載スタート後、 1,400万部以上を売り上げている人気コミックを 前編と後編の2部構成で実写化。 人間の名前を書き込んだら死をもたらすという デスノートというノートを持つ夜..... [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 23時24分

» DEATH NOTE デスノート 前編 [色即是空日記+α]
累計1500万部突破の大人気コミックの映画化。 もちろん!!コミックのほうでも読んでるファンでありますw 若干、原作とは違った展開するんですが、面白いっっ 原作を知らなくても楽しめる、引き込まれちゃうと思います! ... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 12時56分

» 【劇場鑑賞64】DEATH NOTE デスノート 前編(DEATH NOTE) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
ルール このノートに名前を書かれた人間は・・・ 死ぬ。 ルール 死因を書かなければすべてが心臓麻痺となる ルール 書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない 退屈な死神がノートを落とし 退屈な天才がノートを拾った ... [続きを読む]

受信: 2006年6月24日 (土) 21時05分

» 「デスノート 前編」本当に怖いのは人間の心の中にある [soramove]
「デスノート」★★★☆ 藤原竜也、松山ケンイチ、香椎由宇 主演 金子修介監督、2006年 そのノートを持つ者が、 そこに名前を書くと、書かれた人は死んでしまう。 殺人を犯しながら罪の意識も無いまま、 司法の壁に阻まれて、刑を免れる悪人を バンバン殺...... [続きを読む]

受信: 2006年6月25日 (日) 01時26分

» ★「DEATH NOTE デスノート 前編」 [ひらりん的映画ブログ]
「ジャンプ」の連載コミックの実写映画化作品。 「ジャンプ」いや、漫画本なんて、ここウン十年買ってないひらりん。 まぁ、話題作なので観てみる事に・・・。 [続きを読む]

受信: 2006年6月28日 (水) 23時14分

» 「DEATH NOTE」とてもおもしろかった! [よしなしごと]
 今回はDEATH NOTE前編です。 [続きを読む]

受信: 2006年7月 5日 (水) 01時41分

» あなたのお名前なんてーの?【DEATH NOTE前編】 [犬も歩けばBohにあたる!]
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」 退屈な死神が人間界に落とした一冊のノ [続きを読む]

受信: 2006年7月 5日 (水) 15時30分

» DEATH NOTE デス ノート [前編] [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
「週刊少年ジャンプ」で連載され、話題となった漫画の映画化作品です。 在学中、初めての受験で司法試験に合格した天才的学生である夜神月(ライト)は、死神が落としたノートを拾います。そのノート、デスノートは、「そこに名前を書かれた人間は死ぬ」というもの。ライトは、... [続きを読む]

受信: 2006年7月22日 (土) 23時26分

» デスノート前編 [勝弘ブログ]
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/最寄りの映画館で鑑賞。#というかMOVIXさいたま停電トラブルのでの招待券で。ご存じ週刊少年ジャンプで好評連載されたデスノートの実写化(前編)この原作を2時間映画で表現しよう... [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 22時33分

» デスノート全貌をゲリラ報告! [流行早耳情報局]
超人気コミック『デスノート』が、藤原竜也主演で映画化。その映画の後編『デスノート the Last name』の街頭ライブ報告会が9月20日(水)に行われました!さて、どんな報告会だったのか… [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 01時31分

» DEATH NOTE(デスノート) the Last name [元同人女の戯言日記]
今日見てきました、「DEATH NOTE(デスノート) the Last name」 ネタバレありますんで、まだ見ていない... [続きを読む]

受信: 2006年11月25日 (土) 07時40分

« 小説読了「ダ・ヴィンチ・コード」 | トップページ | 2005年度最高傑作「ALWAYS 三丁目の夕日」 »