« 九尾暴走!!「NARUTO-ナルト-」33巻 | トップページ | 怒涛の新展開!「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」6巻 »

2006年6月 4日 (日)

新感覚の人間賛歌「嫌われ松子の一生」

とことん男運が悪く坂道を猛スピードで
転がり落ちていく女性の一生を描いた映画、
「嫌われ松子の一生」を見てきました。

中島哲也監督の前作「下妻物語」はこれまでの
日本映画界に強烈な一撃をくらわせた傑作でしたが、
本作、「嫌われ松子の一生」も
日本映画界にさらに強烈な衝撃を与える大傑作でした。

まず、ミュージカル風の演出を用いることで、
暗く重苦しい映画になることを回避し、
松子の人生を肯定的に捉えた
後味の良いエンターテインメント作品
昇華している点が斬新です。

とことんデフォルメされた演出の積み重ねによって
松子の「主体性のなさ」や、「浅はかさ」といった欠点、
そして、欠点と表裏一体の他者に尽くす「献身的な性格」、
度重なる不幸にめげない「前向きさ」といった
人間らしい魅力が現実味を持って表現している点も
素晴らしいです。

松子を演じた中谷美紀の演技も非常に素晴らしく
成人しても夢見る少女的な性質が抜けきらないものの、
時には打算的な部分も見せる松子の多面性を
見事に表現しきっていました。

また、本作はブロードウェイミュージカルのように
華やかなシーンが展開されたかと思えば、
筑後川や荒川で展開されるシーンでは
日本映画の伝統を踏襲した情緒溢れる
ドラマが展開されるのですが、
これらの異質なシーン同士が拒絶反応を起こすことなく、
一本の映画の枠内に違和感なく
収めていることにも感嘆しました。

甥である笙や、親友の沢村めぐみなど、
松子に関わる人物の人生も
2時間10分という限られた時間の中で
深く描いている点にも好感が持てました。

登場人物それぞれの人生を軽く扱わない。

松子の転落人生を哀れむのでもなく、
茶化すのでもなく、
ただ、肯定する。

「嫌われ松子の一生」の最大の良さは
人それぞれの生き方を否定せず、
ひたむきに生きた人を讃える
暖かさに溢れている点なのだと思います。

↓「嫌われ松子の一生」関連商品

嫌われ松子の一生 (上) 嫌われ松子の一生 (上)

著者:山田 宗樹
販売元:幻冬舎
Amazon.co.jpで詳細を確認する

『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック

販売元:キネマ旬報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

LOVE IS BUBBLE LOVE IS BUBBLE

アーティスト:BONNIE PINK
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2006/05/10
Amazon.co.jpで詳細を確認する

↓ランキングに参加しています。クリックしていただければ幸いです。

にほんブログ村 映画ブログへ

|

« 九尾暴走!!「NARUTO-ナルト-」33巻 | トップページ | 怒涛の新展開!「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」6巻 »

コメント

はじめまして、
マイブログへのコメント、どうもです。

> 中島哲也監督の前作「下妻物語」はこれまでの
> 日本映画界に強烈な一撃をくらわせた傑作でしたが、
> 本作、「嫌われ松子の一生」も
> 日本映画界にさらに強烈な衝撃を与える大傑作でした。

『下妻~』はノリと勢いに圧倒されたけど、
良い意味で今作は、前作のイメージを壊してくれた。
暴力も、SEXも、CGも、大音量の音楽も、
中島哲也監督にかかると、なんとスムースに感じられる…
次(次回作)も、何かビックリするようなことで
やってくれそうな気が……今から楽しみです。

投稿: きのこスパ | 2006年6月 5日 (月) 00時10分

私も観ました!本来なら暗くて鬱になってしまいそうな話を
よくぞあそこまでノリノリに描けたなと。
監督と豪華出演陣に脱帽です。観られてよかったと
心から思える作品でした。

投稿: のりっぺ | 2006年6月 5日 (月) 18時10分

きのこスパさん、
コメント&TBありがとうございます。

ホント、凄みのある作品でしたね。
きのこスパさんの言うように
「センスの塊」の映像でありながら、
「計算された理詰めの展開」に
中島監督の実力を感じました。

CGを駆使した映像美のみを自慢するような
映画をとっている監督は「嫌われ松子の一生」を見て
猛省すべきです。

のりっぺさん、
はじめまして。
コメントありがとうございます。

私も豪華出演陣には驚かされました。
松子の恋人たちはもちろんのこと、
一瞬だけ映るカメオ出演者も
凄い顔ぶれですよね。

特に女囚の土屋アンナや、
サスペンス劇場犯人役の本田博太郎など
「下妻」出演者が出てくるのは
ある種ファンサービスになっていて
嬉しかったです。

投稿: トミー | 2006年6月 5日 (月) 19時40分

こんばんは!echo&コメ、ありがとうございました!
松子なんですyo。監督のノリは、問題ないのですが、この女、、、
同情できないし共感したくないし笑えないし、、、
ま、最後は泣かされたんですケドね。
変な映画でした。
またよろしくお願いしますね。

投稿: 猫姫少佐現品限り | 2006年7月 8日 (土) 01時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/102895/2067970

この記事へのトラックバック一覧です: 新感覚の人間賛歌「嫌われ松子の一生」:

» 『嫌われ松子の一生』、観ました。 [肯定的映画評論室ココログ支店]
 『嫌われ松子の一生』、映画館で観ました。 平成13年、荒川の河川敷で松子が遺体で発 [続きを読む]

受信: 2006年6月 5日 (月) 00時13分

» 嫌われ松子の一生 [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けをすることになります。乱雑jな部屋を片付けながら、笙は、松子の人... [続きを読む]

受信: 2006年6月 9日 (金) 20時11分

» 嫌われ松子の一生/山田宗樹 [文学な?ブログ]
やるせない思いで最終頁を閉じました。些細なことに何度も自分を見失い、流され、それでも死より生きることを選んできた松子。その人生の終わりがこれではあまりに辛すぎます。 体の弱い妹に父の愛情を奪われ、父の希望をかなえようとなった教師の職を追われ、失踪してあちこちを彷徨いながらも、必死に生きてゆく松子。感情に流され、積み重ねてきたものを根底から壊して、また一から、というよりむしろマイナスから人生を何度も繰り返します。 偶然のように起こる事件に翻弄される松子を見ていると、なんでもっと機用に生きら... [続きを読む]

受信: 2006年6月18日 (日) 01時08分

» 嫌われ松子の一生 [ブログ:映画ネット☆ログシアター]
映画、嫌われ松子の一生の一生を見てきました。ネタバレです。最初に松子が死んでいるところから話が始まるのですが本人は、いないのにどうやってこの先話を進めていくのだろうと思っていたらうまい具合に話が繋がっていって見ていて飽きなかったです。もともとの素材としては、充分ですが、映像としてあらわすのは、難しいと思いますが、見事に描かれていたと思います。中島監督に拍手を送りたいです。私は、時々ミュージカルタッチになるところが好きです。中谷美紀の濃厚なキスシーンも見ごたえあります。... [続きを読む]

受信: 2006年6月19日 (月) 09時29分

» 「嫌われ松子の一生」中谷美紀は代表作を手に入れた [soramove]
「嫌われ松子の一生」★★★★オススメ 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介主演 中島哲也監督、2006年 リアルを排除し、劇画タッチで夢のような作品。 悪趣味に近い表現が随所に散りばめられて、 「これは映画じゃない」と 正統派の心の声が叫ぶが、 「一人になるより...... [続きを読む]

受信: 2006年6月23日 (金) 19時16分

» 嫌われ松子の一生 06年134本目 [猫姫じゃ]
嫌われ松子の一生 中谷美紀≒ 濱田マリ≒ 柴咲コウ≒ あたし> 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの??... [続きを読む]

受信: 2006年7月 7日 (金) 13時29分

» 嫌われ松子の一生 [勝弘ブログ]
http://kiraware.goo.ne.jp/最寄りの映画館で鑑賞。テレビでやっていた下妻物語を録画し見ていて15分ぐらいして見に行くことを決めたのが昨日でした(ぉでまだ下妻物語は見終わっていません(汗物語の方はまさに波瀾万丈の一生。... [続きを読む]

受信: 2006年7月 8日 (土) 22時46分

» Memories Of Matsuko [Tokyo Bay Side]
『嫌われ松子の一生』 “嫌われ松子”と聞くと、最初は誰しも性格ブスな女性をイメージするのではないでしょうか?しかし川尻松子(中谷美紀)は決して人から嫌われていた訳ではなく、本当はむしろ愛されていた気がしました。ただ過剰なまでに愛する事、愛される事に一生懸命になり過ぎてその表現方法が少し間違ってしまったように思います。この映画は観る度に違った印象を受けそうな奥深い作品でした。 [:URL:] 『嫌われ松子の一生』... [続きを読む]

受信: 2006年7月18日 (火) 21時32分

» 『嫌われ松子の一生』 [京の昼寝〜♪]
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌われ松子の一生』 福岡県の大野島で産声を上げた川尻松子(中谷美紀)は、幼い頃からお姫様のような人生を夢見る少女。 生徒に人気の中学教師に成長した彼女だった... [続きを読む]

受信: 2006年7月26日 (水) 22時56分

» 嫌われ松子のとりこに [シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センター大阪校日記]
 映画「嫌われ松子の一生」を観てきました。  観にいくまえに何人かの人に感想を聞いたら、「すっごく楽しいよ」「かなり辛い…へこむよ」と、両極端な感想。  でも、どちらも本当だったのです。  昭和22年生まれの川尻松子。彼女の7歳から53歳を描いているのですが、... [続きを読む]

受信: 2006年8月12日 (土) 14時51分

» ◆試写会・嫌われ松子の一生 [映画大好き☆]
雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ〜笑わせてくれるっしょ 【STORY】 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県大野島生ま...... [続きを読む]

受信: 2006年10月20日 (金) 20時30分

» 嫌われ松子の一生−(映画:2006年140本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、柴崎コウ、片平なぎさ、ゴリ、竹山隆範、谷原章介、宮藤官九郎、劇団ひとり、谷中敦、 BONNIE PINK、武田真治、荒川良々、土屋アンナ、AI、山田....... [続きを読む]

受信: 2006年11月18日 (土) 15時01分

« 九尾暴走!!「NARUTO-ナルト-」33巻 | トップページ | 怒涛の新展開!「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」6巻 »